荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

岡田浩暉の巻。

2016-11-02 18:46:50 | 偽りの人生に優れたエンターテイメントを




映画やドラマを頻繁に観る方なので、いろんな演者さんを目にします。

そうしますと、1週間の内に何度も観かける演者さんが居る事に気が付きました。

光石研なんかもそうですね。

使い勝手が良いんでしょう、きっと。



さて、この1週間でみっつもドラマで観かけたヒトが居ます。

その名は、岡田浩暉。

普段は2時間サスペンスなんかの、『わがままな若社長』って役が多いイメージです。

ウィキによりますと・・・51歳じゃん

“若”社長じゃないじゃん

わけ~

パッとしない感じですが、やっぱ芸能人って凄ぇ~。

そんなオカコーが、この1週間、何のドラマに出演したかを簡単に記したいな、と。



 逃げるは恥だが役に立つ



石田ゆり子の大学時代の友人で、イケメンのエリートサラリーマンって設定。

声色を“イケメン”バージョンにしているトコが気持ち悪いです。



 スニッファー 嗅覚捜査官



阿部ちゃんの相棒・香川照之の昔の仲間。クレイ射撃の名人という設定。

なんか甲高い声で、変なお芝居をしてましたね。



 IQ246~華麗なる事件簿~



倒産した鉄工所経営者。悪徳カリスマ主婦モデルに雇われ、その夫を殺す役で登場。

眉毛無しの熱演ですが、やはりどこか2時間サスペンス臭が漂っておりました。



とまぁ、どうであれ『引っ張りだこ』である事には間違いありますまい。

細く・長くってのは、結果的には良い事なんでしょうね。

てか、このヒト、バンドマンだったんだ・・・。



『何かを始めることは易しいが、それを継続することは難しい。成功させることはなお難しい』津田梅子(ニッポンの教育者・1864~1929)

過去の関連記事。
光石研の巻。
ドラマの巻。
ドラマの巻、ふたたび。
ドラマの巻、みたび。
ドラマの巻、よたび。
ドラマの巻、いつたび。
ドラマの巻、むたび。
ドラマの巻、ななたび。
ドラマの巻、やたび。
ドラマの巻、ここたび。
ドラマの巻、とたび。
ドラマの巻、拾壱たび。
『俳優』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手帳の巻、ふたたび。 | トップ | 反省の巻、みたび。 »
最近の画像もっと見る

偽りの人生に優れたエンターテイメントを」カテゴリの最新記事