荻窪鮫

元ハングマン。銀座で隠遁暮らしのオジサンが躁うつ病になりました。
それでも、望むものはミニマリストになる事です。

不倫の巻、よたび。

2017-06-28 19:32:39 | 日毎ニュースに正義の理想を


大阪府堺市で、オッサンを全身火だるまにさせたオバサンがパクられました。

オバサンの弁は

『浮気をして汚れたオトコの体を消毒するために消毒液をかけた。オトコが煙草に火をつけたから燃えた』

との事。

【汚れた体】というワードから新興宗教テイストを感じますが、まぁ違うと思います。



ニッポンって建造物やモノに火をつけるってのはポピュラーだと思うんですが、ヒトに火をつけるって、あんまりない気がします。

チマチマしたニッポン人にはダイナミック過ぎるっていうか・・・。





オッサンの焼き具合は、レアだったのかミディアムだったのかウェルダンだったのか・・・。

いずれにしても美味そうには思えませんな。



オバサンの名は“斧裕子”。

どうせならチョン切っちゃえば良かったのにね。



浮気オトコに悩まされる女性方は、大いに溜飲を下げた事でありましょう。



『おお運命よ、運命よ、みなが汝を浮気者だという』ウィリアム・シェイクスピア(英国の劇作家・1564~1616)

過去の関連記事。
不倫の巻。
不倫の巻、ふたたび。
不倫の巻、みたび。



<追記>と思ったら、このオノ・ユーコ、別にオトコがいたそうです。なにがなんだか・・・。
ジャンル:
おもしろい
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 必殺仕事人の巻、拾五たび。 | トップ | 見当たり捜査の巻。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む