泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

猛暑日に子供御輿がゆく

2017-07-31 | 日記

近頃筑後地方は猛暑日が多い。今日も38度で午後から庭の手入れなんてやってられない。

子供のころ、いや30年前ごろまでは猛暑なんてほとんどなかったのに、などと妻が言う。

地球温暖化が進んでいると実感せざるを得ない今年。高齢化のせいで暑さが身にこたえるだけかな、などと語る日が多い。

遠くから子供たちのワッショイの声が近づいてきた。7月末の日曜日は子供会が子供みこしを引いて町内めぐりする。

 

 

 

 

 

祭ハッピのデザインを採用してもらった記憶があるが、はるか40年前のことだった。

40数人の子供たちが参加し、年長さんが交代で神輿を担ぎ、その他はロープで前を引き、幼児は後ろからはロープを握って引きずられる。

味清水御井神社の湧水を日の出前に汲み、神水で玄関先をお祓いする役がいる。お礼の御布施はよく集まった。

 

今は参加する子供たちは半減している。町内の子供の総数が少なく、日曜日は家族で海や山へキャンプに行くほうが楽しいのかも。

自由参加にしていろんな楽しみ方をすればいい。それにしても御輿は担いでいたものだが、今は台車に乗せて引いている。

重くなりすぎたのか、かつぐ年長さんが少なく町内を巡る体力がなくなったのかも。

村祭りの御輿も老人ばかりになって、今は軽トラックに乗せて廻るしかないと聞いたことがある。

時代とともに変わってゆくのが当然の祭りなのだろう。子供たちにとって楽しい思い出づくりになればいい。

親にしてみれば気温38度では熱中症が心配になる。

町内めぐりの途中で幾度も休憩し、冷やした西瓜をもらって食ったのが思い出になっている。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 季節の花は夏水仙 | トップ | もう暑はいつまで続くやら »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。