泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

日照りは接ぎ木に悪い

2017-06-19 | 日記

まったく雨雲が見えない日々で、気温は上昇するばかり。いつもの梅雨空はまだ南方に停滞しているらしい。

朝早くから暑くなりそうなので、日陰を選んでのコース取りして歩く。快晴で客には幸運かもと思いながら通過列車を見上げる。

 
 
 
久大線南久留米を通過した観光列車セブンスターインキュウシュウ。

九重の山々でミヤマキリシマ群生花を見に行ったのは、この鉄路でありこの季節だったが、ずいぶん昔のことだった。

旅は晴れた日に限る。ただし、梅雨は梅雨らしく降ってもらわないと困ることもある。

甘柿の太秋や早秋の品種を富有柿に接ぎ木して、活着して新芽が出たけど水不足で枯れそうになる。

 

 

永年続けた接ぎ木だけど、活着した穂木の若葉の先が枯れるのは今年が初めて。

梅雨の長雨で病害虫が大発生するのは処置なしで、晴れを待つしかないけど、雨無し続きも困ったもんだ。

水道水をたっぷり散水するしかない。なにごともほどほどがいいんですね。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空梅雨で水不足 | トップ | 今年もラッキョウ漬け »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事