泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

柿の花が咲き、落ちて

2017-05-15 | 日記

 

 

花弁散る子房初見え柿の花 早生柿や花落ち敷ける五月雨 接ぎ木芽の膨らみ始む菜種つゆ 

渋柿に甘柿接いで食味して、更に早生種を試し接ぎ、どうやらやっと芽が動き始めて活着を確認できる今日このごろ。

接木後に雪が積もる日が二回もあった今年。春の気温変化は度度って接ぎ木の多くが枯れてしまう年になりました。

去年やおととしに接いで伸びた枝に今年は花が咲き、花弁が落ちて小さな子房が見えるところもあります。

実が熟すまでには幾度も病害虫や風に痛めつけられ、また自然落果もある。若木なのですべて摘果したほうがいいのかも。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若葉映える季節の短歌 | トップ | 甘味懐かしいツバナの道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。