泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

接木の芽伸びは遅すぎ

2017-05-26 | 接ぎ木など

今年も柿の接ぎ木をしたところ、芽の伸びがかって経験したことがないほど遅い。勝手な推測だけど、

穂木の保存が冷蔵庫で冷やしすぎたので、冬眠時期がながくなっただけ。あるいは今年の春は寒かった。

滅多にない積雪が二回あったし、桜の開花が予想より大幅に遅れたほど、三月末ごろ低温が続いた。

 

 

 

キャラに早秋を腹接ぎしたけど、台木の葉が大きくなった後の今ごろ、やっと芽が伸びだした。

富有の台に高接ぎした早秋も同様。台風でも来たら簡単に折れてしまいそうだが、その前に何かしなきゃ。

 

 

 

柿の花が咲き実が大きくなり始めている今、新芽よりも養分の行き所が違うのかも。

高い位置での二つの接ぎ方での違いはなさそう。穂木の冷所保存は初めてなので、冬眠しすぎただけだろう。

他のブログでは、来春まで芽動きがないやつもあるなどの記載を見つけたので、そんな穂木もなかにはあるのかな。

小さな実が見える今になって、七割ほどを摘果した。開花時期やその直後に取り除くのがいいらしい。

遊びでやっているので問題はない。キャラと富有と早秋が一本の樹で収穫するのが来年あたり出来るかも。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久留米の蛍は近所の川で | トップ | 開花アジサイに蛍がいて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

接ぎ木など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。