泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

空梅雨で水不足

2017-06-18 | 日記

十日以上も晴れ続きで、庭の土はカラカラ乾きになっている。雨水タンクの水はとっくに使い果たした。

ボケにクレマチスが枯れて、ツツジやアジサイ、接ぎ木の若芽までもが葉が茶色になりだした。

 

 

 

今年は遅くまで寒い日が続き、芽伸びも弱かったので、柔らかい若葉は強烈に強い太陽に照らされて焦げたような状態になった。

接ぎ木部の養水分の通過するパイプの接続が不充分で、伸長に見合った吸水ができなかったのかもしれない。

富裕柿に早秋を腹接ぎしたのだが、新芽の伸びはこれで止まるかもしれない。

 

上水道の水をまき散らしたけど、どうやら太陽の強さには負けたみたい。ここまで晴天が続くとは思わなかった。

遅すぎたけど明日からは水量を増やしてやらなきゃ。更に枯れかかる草木を増やしてはいけないなと反省する。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の短歌 | トップ | 日照りは接ぎ木に悪い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。