泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

実生の新花彩り

2017-03-21 | 花あれこれ

 

 

ハナニラやシバザクラなど樹木に比べて身丈の小さい花は見落としがちになる。

レンギョウやユキヤナギが咲きだして、やはり木の花に目がいってしまいがちになる。

良く見かけるビオラもしっかり観察されることは少ないのかも。プランターで実生の花が咲いているが、よく見てみた。

毎年実生から咲いてくれる花は変化している。花の色と彩が少しずつ変化しているのが面白い。

人も同じ親から生まれても個性ある子どもたちになるので、特別に珍しいことではない。

つい、毎年同じ花が咲くと思い込みがちだけど、微妙に違いがある。庭の椿とビオラのハナビラが変わった配色で楽しませてくれる。

レンギョウやユキヤナギも色の変化をしてくれると面白いのだがなあと思ったりして。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑い寒いも彼岸まで | トップ | ボケに来るメジロ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。