泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

甘柿・干し柿

2016-11-05 | 旅行

柿が色づくとヒヨドリが来るし、熟すとメジロなど小さい鳥もやってくる。

世代が代わって好みも違ったのか、鈴なりの柿だけど熟しても放置されたままの柿の木がある。

渋柿だから見向きもされないのだろう。柿好きの鳥たちにはうれしいごちそうであろう。

渋柿でも甘柿よりも甘くなるのが干し柿。あちこち家の軒先などにぶらさがっている。

 

 

 

甘柿とならんで渋柿も売っているので、好きな人は手間を惜しまず手作りして干す。

渋が抜けてすぐの水分がたっぷり残っているうちに食べてしまいたい。もいだばかりの甘柿よりも甘味が濃縮されている。

好みは人それぞれでいい。この時期特有の干し柿を見ながら天気続きの青空も見ながら歩いてきました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立冬近し 綿毛は手編み手袋... | トップ | 菊花展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。