泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

野いちご

2017-05-11 | 日記

 

 

 

 

里山の散歩路で野イチゴが大きく色付いているのに気づき、少し分け入っていくと一面に熟れた野イチゴが広がっていました。

奥は墓が点在しているので、近くの中学生の通学路でもあるけど、誰も採るふうではない。

食べられるとは知っているだろうが、関心がないのだろう。

戦後育ちにとっては貴重なおやつであった。試しに一つふたつと口に入れてみると、ああこの味だったと思い出す。

大豊作の野イチゴも今は誰も採ろうとしないのだろうと、写真にとってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春雨じゃ 濡れてウォーキング | トップ | 福岡で巨大地震だって? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。