泣こかい飛ぼかい

泣こよかひっ飛べ、って気合を入れたいんだけど

季節の果物イチジク

2017-08-09 | 日記

今年も義兄から夏の果物無花果をもらう。変わった実のなりかたをする。花が咲かないのに次々と実が大きくなる。 

 

そして黒紫色で柔かくなれば完熟で、ほのかな甘みの淡泊さがいい。

完熟したのは長期保存は難しいかもしれない。畑から捥いできたばかりのものを食べて、残りは持ち帰りとなる。

 

 

 

イチジクは花は見えないが、それは実の形をした中にあるという変わった形の果物だ。

この季節になると必ずいただく変わった食べ物だ。

春に小枝を挿し木すれば活着する。後はほとんど手がかからないので、初心者にも育てやすい。

注意するのは芯喰い虫にやられないように注意することが大事。木クズがあれば中に害虫が侵入している証拠。

外は異常なくても突然折れたり枯れたりするのは芯喰い虫が原因。

しばらくはイチジクを楽しめそうです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 温暖化というより酷暑化 | トップ | 町で時計屋探し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。