けちやんの独り言

気ままに語ります

不思議な世界観

2017年06月22日 | 大人の発達障害

 

 

 

28連勝の偉業を成し遂げた

天才将棋士の藤井聡太君

 

彼が5歳の時

何時間も熱中して描き続けた絵が
先日テレビで公表されていたけれど

一瞬目を疑うほど

 

それはそれはもう!びっくりさせられる\(◎o◎)/!絵でした

 

 

 

だって

うちの息子がその同世代の頃に
夢中になって毎日描き続けていた

あの一種独特の世界観を醸し出した
迷路の絵と全く同じだったからです

 

それはとても細かい描写で個性的なものです

 

当時お絵かきではいつも画用紙が真っ白だったのに

ひとたびわら半紙と鉛筆を手にしたならば
本当に時間を忘れて
とにかくぐるぐると手先を器用につかいこなし

それはそれは不思議な迷路の世界を完成させていくのです

 

息子らしいと言えばそれまでですが

当時はなんて変な子!でそれでいて凄い!とまあそんなところでも

両極端な面がモロ垣間見られていました

 

 

 

要は頭の使い方が他の人とはちょっと違うと言ったところでしょうか・・

 

 

息子は将棋には全く縁がなかったけれど

 

もしかして機会があれば

ひょっとしたら強くなる?なんて・・勝手に想像してます

 

 

 


 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 期間限定品 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大人の発達障害」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。