goo

孤独を楽しむ

先日、スマホをうちに置き忘れました

出勤途中で気が付いたらおそらく取りに戻っていたと思いますが、駐車場について忘れてきたことに気が付いたので諦めました。

オフィスのPCにもLINEはダウンロードしてあるので、仕事メールは読めますし、困るとしたら、緊急電話くらいでしょうか。
でも一日オフィスにいるから、なんかあればオフィスにかかってくると踏みました。

結果、ほとんど困りませんでした

というより、非常に心穏やかに仕事の集中しました。

    

 先ごろ亡くなった社会学者ジグムント・バウマン氏は、携帯電子機器をもつことで人は「孤独という機会」を捨てると書きました。

孤独こそは、考えを整理したり煮詰めたり、反省したり想像したりするよすがなのだと訴えました(「リキッド・モダニティを読み解く」から)

先日の朝日新聞、天声人語の記事を思い出しました。

お風呂に浸かって居るとき、車窓の風景を眺めている時、カウチでひとり寝転がっている時、私はいろんなことを考え、自分のまわりの人のことを想い、新しいアイデアを思いつきます。

こういう「孤独な時間」がないと気が狂いそうになります

今の子どもたちはどうかな、と思いました。

車で移動している間は車窓を眺めるよりも、スマホやゲーム機を眺めています。

子どもたちが熟考する時間と環境、チャンスを大人が奪っているんじゃないかと危機感を抱いています

私たち大人も、わからないことはGoogleのアプリで即座に調べ、まとめ投稿を読んで物事を知ったかぶりしないように、そしてこのスマホという小さな機器に振り回されないようにしたいものだと思います。

みなさんはいかがですか?

「孤独」を楽しんでいますか?
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« アナログを見直す チーズを切っ... »