Enthusiast

Fashion Motorcycle Flyfishing

Studio

2017-06-24 23:46:25 | Other


少し前迄ならヴィレッジヴァンガードで

簡単に入手出来た数種類の電飾サインボード・・・

放送局やレコーディングスタジオ等で見かける

ON AIR がダントツ一番人気だったらしい。

それ以外のサインならばWEB上のショッピングサイトで

今でも購入可能だがそこはやはり一番人気の ON AIR が欲しい。

そこで、入手困難ならば自作するのが手っ取り早いので

工作員が工作してみたよ。



ショップの看板等によく使われている乳白色のアクリル板と

3Mの赤いカッティングシート&クラフトナイフを用意し

先ずはアクリル板にベタでシートを貼り

その上にコピーしたロゴを重ねナイフでくり抜き。



手作り感のらしさが出るのでややラフなカットで十分。



工作員らしくサクサクと・・・



こんな感じでボード部分は完成。

そして、ここで基地内の拘りの一つであるスイッチボックスを紹介。



カチッ、カチッと切り替えが心地良いトグルスイッチに

ライトやファンがオンの時に連動して点灯するLED電球。



これは使用中アピールと電気消し忘れ防止の為に設けたオレのオリジナル面白アイデア。

そこにもうひと捻り加え、ライトオン時はレコーディング中・・・

と言う事で、この配線を利用してE12サイズの電球ソケットから

E26サイズに変換するソケットとセパラボディコンセントを合体。



その配線の先に自作サインランプを設置。



ON AIRが点灯中は入室厳禁だ。

何故ならば・・・

そこは密室大音響レコーディングスタジオ。



気兼ねなく爆音で用が足せるぜ。ベイビー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mao Kobayashi

2017-06-23 22:26:39 | Other


「恋のから騒ぎ」からでしたね。

当時、TVモニターに映し出された初々しい貴女が

今も尚、私の瞼裏に焼き付いています。

お天気お姉さん、報道番組レギュラー、

海老蔵君とご結婚、お二人の可愛いお子さん、

そして、不慮の闘病生活・・・

小林麻央さん・・・

よく頑張ったね。

心からご冥福をお祈りいたします・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lemonade

2017-06-20 23:34:52 | Other


オランジーナの新商品?

新しい刺激を求めて飲んでみたけどこれフツーにラムネじゃん。

残念!

本格的にジメジメベトベトの季節になってしまったから

スカッとしないとストレスが溜まりまくるよ。



オレの身体は無意識でもストレスが溜まると

やっぱり疼痛を惹き起こすらしい。

動けなくなる訳ではないが痺れや痛みが身体を巡って

今回は左肩甲骨から左腕・指先が痺れてきたので

嫌だったが投薬治療を再開した。

頸椎のレントゲンも撮ってもらったが

椎間板に決定的なダメージも見当たらず

また難解な神経系統の病との闘いが勃発したのだ。

神経の興奮を鎮めるリリカカプセルと

関節の炎症を抑えるセレコックス錠の効能に期待しよう。

痺れていても痛みがあっても海兵隊上がりである以上

泣き言は許されないのが現実だよ。



基地内整備の為、最近は電気工事屋もやっている。



TVは余り視聴せず、もっぱらジッピー派なのだが

アンテナ不要のひかりTVでLAN接続されているモニターに

地デジが映る様にアンテナ線を引っ張り、分配器を設置したり・・・

自作でランプや延長コードを作ったり・・・

作業が事欠かず一日がアッと言う間に過ぎて行く感じだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Powered

2017-06-17 01:42:11 | Engine


アイルトン・セナはマクラーレンに移籍する前のロータス時代から

ターボチャージャー付きホンダ製V6エンジンを縦横無尽にセナ足で操った。

上の画像はロータス・ホンダ99Tのコクピット内で

ラップトップPCのモニターを凝視している様子だが

真剣勝負の眼差しであるのが窺える良い一枚だ・・・

オレは毎日これを拝んでいる。(笑)

さて、梅雨なのに晴が続くので今のうちにホンダエンジンに火を入れなきゃ。



アッと言う間に知多半島を南下して横須賀埠頭。



エンジン好調のCBマシーンだが車検後は更に絶好調だ。



未だ猛暑ではないので晴れの日の走行は実に爽快。

雨天に走る事なぞ好んではしないがこれから梅雨の後半は

ゲリラ豪雨も襲って来るだろう。

CBマシーンはゲリラ豪雨が苦手なんだわ。

エアクリーナーが剥き出しタイプで横にはみ出しているので

そこから雨水を吸い込みミスファイヤーを起こすからね。

そこでその対策としてエアクリーナーカバーを以前自作したが

基地に戻ってから早速装着してみた。



ダイレクトに雨が当たらないのでこんなモノでも効果有り。



上から見るとタンクからこんなにもはみ出しているんだよ。



DIY自作オリジナルパーツだからね。

そして、もう一つ。



簡単な工作なんだけど POWERED by HONDA のエンブレムを

入手したのでアルミ板を加工して突貫でプレートを作ってみた。



適当なサイズにアルミ板を切り出し

その後の穴あけ加工はコイツの出番。

こんな時のマキータは頼もしい。



「オ~ッ!素敵」

アルミ板に縁ゴムとワッシャーを付けると

純正パーツみたいな仕上がりになったよ。



汎用クランプにボルトオンして車体サイドのこの位置に取り付け。

何ともカッコイイじゃありませんか~。

赤のHマークがマフラーエンドとシートの赤とも同調。



80年代の熱き時代の雰囲気プンプン。



もう一枚作って左側にも付けようか

如何しようか迷い中・・・

CBマシーンは更にカッコよくなったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lighting

2017-06-16 02:11:10 | Other


イタリアおやじ流のモノへの拘りの中でも結構上位に食い込む照明器具。

その一つに柱の縦方向に取り付けたライティングレールから

フロアと平行に80センチ強伸ばせるシザーズ・アーム・ライト。

ハサミの様な構造が連結し伸び縮みして先端の4枚フラップにより

明るさを調光する写真撮影等によく使われるタイプだ。

基地内のヘルメットブースのライティングとして設置してあったが

つい先日、重みに耐えかねて「ガシャン!」と落下した。



レールへの取り付け基部が破損したからだ。

最近の気温上昇で強化プラスチック製の基部が熱で柔らかくなり

荷重に耐えれなくなったみたいだ。

破損した部分は補修してもまた再発するだろうからオリジナルを改良した。

アングルステーを上手くボルトオンしてネジで別位置の柱に直付け。



ライティングレールは止め、コンセントボックスから

普通に電気供給出来る様に二又プラグに換装した。



大きな地震でも無い限りこれで大丈夫。



余ったライティングレールには小型のスポットライトでも付けるさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16valves

2017-06-12 00:49:31 | Engine



Bambi 動画に引き続き、現状のCBマシーン動画アップ。

ガソリン満タン

新品バッテリー

さあ、何時でも出撃OKだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bambi

2017-06-11 00:22:10 | アマゴに片想い



五年位前、フライフィッシングのフィールドへ

同行希望だった、とある人との約束を果たすべく

飛騨に強行で釣行した。

私に取っては何十年も過ごした渓流は

日常に近い光景でも初渓流・初釣行ともなれば

そこは感動と驚きの連続・・・



私の釣りはそこそこにこの日はゲストである彼に

渓流の空気感を存分に楽しんでもらった。

一番の感動劇は冒頭 YouTube 動画 Bambi

鹿との遭遇は特別珍しくも無い事だが

野生の子鹿に接近遭遇出来る事となると稀中の稀だから

とても貴重な動画・静止画が収録出来た。



バンビって本当に愛くるしい。

渓流ってディズニーワールドだったんだね。



ニモの代役にアマゴ嬢を起用って如何?

川の水中だって面白いドラマ満載だからね。



「ファインディング・アマゴ」

このタイトル、パクリだけどこれでイタダキだよ。

・・・と

昼寝の夢の中では妄想に浸って爆睡中。

おバカちゃん警報発令中の老いた釣り人です事。

縞模様の雲、青い空、濃い緑、乾いたそよ風・・・

こりゃあ、たまりませんわ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Filter

2017-06-05 20:01:05 | Engine


基地内は男臭が充満しているから女子は気絶するかもね・・・

車検から帰還し大人しくしているCBマシーンだが

何時もよりフェロモンを放って何だか様子が変・・・

天気が良いので外に出してアソコを覗いてみると

やっぱり、我慢汁をチビリチビリと垂らしていたよ。(笑)



こりゃあ本気汁を基地内で出しちまったらエライ事になるから

急遽、汁が垂れない対策をしないといけないので

新品のナニをバイク用品店で買ってきて交換。

ナニってこれだよ。



ニョロリと長い竿の先っぽに安全の為に被せるヤツさ。



左が新品、右が我慢汁でベトベトのフューエルフィルター。

クラックが入ってジワリジワリと滲んで垂らしていたんだろうな。

こんなモノは毎年交換するのが良いんだろうけど

6年間メンテナンスフリーで放置していたから漏らすのも当然かもね。



これを被せておけば安心安全だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Refresh

2017-06-01 20:42:41 | Engine


雨が降る前に車検で預けてあるCBマシーンを基地に帰還させねば・・・

と、スペースを開けた。



直後に無事帰還。

結局、バッテリーは寿命が来ていて新品に交換。

単車は乗らないとバッテリーが直ぐダメになるから

基地のメインオブジェとしてじゃなく頻繁に乗らないとな。



自分で描いた一枚のイメージスケッチからこのCBマシーンは誕生した。

アイルトン・セナが愛した HONDA F1 DOHCエンジンの咆哮に

最も近似した音を奏でるマシーンは1980年代のCBに搭載された

DOHCエンジンを入手するしか思い当たらなかった・・・

現代からすればノスタルジックな古い1981年製のDOHCエンジンを搭載した

CB750をベースにして、それを丸裸のフレームから組み直し

1989年のマルボロ・マクラーレン・ホンダMP4/5 NAエンジンの醸し出す

ノイズやエグゾーストノートに似る様に排圧を損なわない程度で

マフラーエンドをショートカットして調整してもらった。

完成して私の元へ嫁いでから既にもう6年。

最初、無理にエンジンを回し過ぎてカムチェーンを破損させてしまったが

この時は、CBの神様の元で極上の中古エンジンに載せ替えで解決した。

それから5年間、すこぶる状態は良い。むしろ極上の部類と言っても過言ではない。

雨に当ててないし錆とも無縁のマシーンだ。

強いて言うならばシート表皮がやや傷んできた位で

これはもう少し傷みが進行したら張り替えを予定している。



エンジンの造形は五つ星だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

May

2017-05-29 21:35:34 | Other


それは五月の最終日曜日のお昼・・・

名古屋の中心部の澄んだ青空に思わずため息が出た。

‟Oh! Fine Day.”

雲一つ無いからこんな日は気象学的に快晴が当てはまる。

一つでも雲が有ったらそれは晴でも快晴とは呼べないんだよ。

そうなの?って方は覚えておくがいいぞ。(笑)

空気中に水蒸気や塵も少ない様でカラッと乾いていて心地良い。



コンクリートジャングル内の木漏れ日も満更でもない感じだろ。

さて、徐々に整ってきた基地のグランドフロアだが

あれもこれもとやりたい事やミッションの妄想ばかりが先走り終わりが見えない。



まあ、現状こんなもんで良いんじゃないかレベルで

2017年06月01日付、 CIA名古屋港支局 TSUGANE BASE として開局・開設とする。



海抜0メートル地帯の基地の為、基地内にボートが格納してあるが

まんまでは脳が無いのでブックシェルフとして加工がしてあり

家具として機能している。



結構な大きさで重量もあり移動が大変な為

四輪キャスターを取り付ける事にした。



転がせるボートだから、これで水陸両用007並の武器となった。



何方か船外機余ってません?
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Grotta Azzurra

2017-05-24 20:20:36 | Other


この先、何年か後に健常だったら必ず行ってみたい

イタリア南部ナポリ湾に浮かぶカプリ島の「青の洞窟」・・・

当基地内はCIA管轄イタリア領土なのでこんな演出も有りだ。

スペイン、レアルマドリード公式ミネラルウォーター SOLAN (ソラン)は

お洒落なブルーのボトルの中硬水だ。

ソランは流通量が多く飲みやすい軟水のヴォルビックに比べると

やや苦みが残るが美味しい水の範囲内だ。



ブルーのボトルから放たれる透過した光線は正に青の洞窟のイメージ。



これを窓辺に並べ朝一から疑似青の洞窟効果演出で

むさ苦しい高温多湿の梅雨を乗り切ろうって塩梅・・・



本物には到底程遠いが朝陽が射し込む時間帯は本当に癒されるよ。



ファッションもライフもお洒落は日常の積み重ねだからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Metal

2017-05-19 23:44:26 | Other


基地建設着工の随分前、昨年の秋頃から全くケアをしていないCB750ボバー。

バッテリー装着のままでも充電可能だが強化剤を注入したかったので

一旦、車体から降ろした・・・

昨年ストレージに預ける時、バッテリーにセルモーターを回すだけの

電圧は無かったので充電器で回復させ甦生して暗闇に押し込んだ。

ストレージでは約五か月の冬眠で戻って来る時は完全に放電が進み

完全なバッテリー上がり状態で車からのジャンピングで甦生させた。

今は基地内で大人しくしていたがこの5月末で車検切れになってしまう運命。

今回はユーザー車検に注ぎ込む暇が全く無く一番近所の

フラットパインさんにお任せするとした。



取りあえずは充電器で充電。



辛うじてセルモーターが反応する迄の充電量で自走し預けに行った。

基地に戻ってからは昨夜届いたメタルラックを二台組み込む作業。(撮影は昨夜)



グランドフロアの整理なのだが今日は朝起きた時から

身体の調子が大変おかしく全関節が痛いし息苦しい。

頭痛と全身の痺れや倦怠感にも襲われ自分の身体もバッテリー上がりの様だ。

吐き気も有ったから鎮痛剤としては強力なボルタレン錠を飲んで

数時間横たわっていた・・・

少し回復したので先程迄作業続行したけど

爆発的なパワーが今は無い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Rearranging

2017-05-16 00:48:31 | Other


グランドフロアはまあ何とか様になってきているが・・・



とは言っても、導線があるだけで全く細かい所が納得出来ない状態。

7割迄整えば基地として機能するとすれば未だ5割位の進捗だ。

セカンドフロアに至っては、何が何だか未だグチャグチャ状態。

ノースセクションはご覧の通り・・・



とんでもない物量のウェア類で床が抜けそうだよ。



未着用でビニール袋入りもメタルラックに一杯だし

畳んであったモノを半分出しただけでこんな状態。



もう一方のサウスセクションはと言うと・・・



少し荷解きはしたが手が付けれない状態。



ここだけはスッキリしたゲストスペースにしようと思うが・・・



ここを片付け終わらないと合宿も無理だからな。

飛騨の家具以外、半分位は廃棄処分かもね。

さあ、如何しようか・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Unit

2017-05-11 00:58:46 | Other


10日午後、少し予定時間より遅れてユニットハウスが運搬されてきた。



ユニッククレーン車で吊り上げて位置決めした場所に降ろし

水平を出せば立派なプチハウスとなってしまう世話無し小屋。

エアコン、換気扇、照明もプリセットされた

小屋と呼ぶにはゴージャス過ぎる仕様。



キャスターで位置の微調整をしゲタの上に積み上げて搬入設置完了。



その直後、基地から電源を供給する為に電気技師に配線をお任せ。



立派な基地の二号館が出現した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Transporter

2017-05-10 11:48:59 | Other


昨日、遅い時間帯に巨大なトランスポーターが基地に横付けされ

荷室一杯だった荷物が瞬く間に降ろされ搬入された。



メインの荷物は飛騨の家具。



ストロボ撮影してみたが余り上手く描写出来ないので



改めて翌日撮影する事に・・・

その翌日の今日も曇ってて光量不足だがこんな時は

iPhone のカメラなら何とかなるもんだ。



やっぱりこの飛騨の家具フロンティアシリーズはこの上無いね。

エスプレッソカラーの陰影やラーチ素材の質感が絶妙だよ。



ドンとした佇まいはモダン家具には無い存在感。



バタフライ式のティーテーブルとチェア。

ワイフ専用のドレッサーや化粧台やスツールもお揃いだけど

基地に用は無いのでマンションに残したまま。

片付けが完了したらここでゆっくりとお茶でも如何だい?

沢山の雑貨類もマンションから移したのだけど

若造の頃、携わっていたブランドのこのアンティーク看板は

もの凄い思い入れあり感慨深い逸品だ。



荷物が多過ぎてセカンドフロアの整理は如何なる事やら・・・

グランドフロアは先ず先ず整ってきたけど

それでも雑貨類や道具類は恐ろしい数がひしめき合っているよ。



今日10日は午後から敷地内にユニットハウスの搬入で

これで大掛かりな作業は一旦収まるよ。

毎日疲れるなぁ・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加