kebaneco日記

二匹の猫と
二人のシモベ
慌しくも楽しい毎日

アリのまね?

2017年10月10日 | 猫ら&家族
日曜日には、両親の老人ホームに顔を出した。相変わらずのとんぼ返りだけど、今回は弟夫婦は来なかった。弟の仕事は月の中旬が一番忙しいようだし、たまには二人で話したら?という配慮かな、とも思った。

母とは4階のダイニングホールで暫し一緒にいたけど、タイミングが悪かったのか、あるいは3週間入院した父のこともイマイチわかんなくなっちゃってるためか、ご機嫌斜め。ただ、手を握ったけど振り払われなかったので、よしとしましょう。

父に「トマトスープを作ってきたので、温めて出してもらうようにお願いしといた」と伝えたら喜んでくれ、「こないだ知人が遊びに来てもらった」というトマトを持って帰れという。「製品」を収めて「原材料」を受け取るっていう行為に大笑い。「じゃあまた作って持ってくるわ」と完熟トマトを4つほど頂いた。というわけで、写真は持ち帰ったトマトで作ったスープ。先日のより色が濃いきがする、さすがはブランドトマト(笑)。再び冷凍庫で固めて、来月訪問するときに持参する。

作っていったものを冷凍庫に入れておいてもらい、温めて出してもらうなどという面倒なことは、本来嫌がられると思う。両親の老人ホームは「あ〜、こないだすごく美味しいってお母様がおっしゃってたので、喜ばれると思いますよ〜」と嫌な顔せずに預かってくれ、「どうやって作ってらっしゃるんですか?」と取材された。まさか面倒なのは湯むきするだけ、とはいえず、トマトと玉ねぎとニンニクとベーコンとチキンスープの素を少量のお酒で加熱して、バーミックスでつぶします、とだけ説明、嘘じゃないけど本当でもないような、てへへ(苦笑)。両親には「よかったですね〜、お嬢さんがまたトマトスープ持ってきてくださいましたよ〜」と、わざわざ伝えてくださった。本当にありがたい。

帰りの移動中に弟夫婦にメールしたら、義妹から「トマトは先日行った時に持って帰りなさいと言われて、お父さん召し上がってくださいとお断りしたので、気になってました」と返事が来た。いつもはあたしのほうが「いらない」「荷物になる」と断ってるんだけど、今回は逆だったようでちょっと笑った。どうやら日曜日は一族郎等の日だったようで、羽田に着いたら従妹からメールが届いていた。「11月か12月に老人ホームに行く日が決まってたら教えて。あたしも一緒したいから」と。

前回一緒に行った時に「稲刈りが終わったら年内にもう一度行きたいな」と言ってくれていたので、「じゃあ様子がわかったらメールで知らせて」というやりとりをしていたのだった。彼女にも同居する高齢の義父母がいるので、気持ちはありがたいけど身動き取れなくなることもあるだろうし。そしたら昨日のメール。行く日は決めて飛行機も取ってあったので、すぐに返信。来月は一緒に行くことにした。となると気管切開した話もしなきゃ、ってことで「こないだ見たあの腫瘍が大きくなって、9月に気管切開した。術後のヘロヘロが嘘みたいに1週間でV字回復してみんな驚いた。だから心配しないでいいから、一緒に行ってお話ししよう」「さすが、いつも気持ち前向きなおじさまだから、V字回復できたんだね、会えるの楽しみ」的メールのやりとり。

弟との間では、父に知らせないのだからあたしたち4人と老人ホームの限られた職員さんたちだけにとどめる、と約束している。本当は父に病名を告知したかった弟が、告知しない条件として出してきたのがこれ。だから従妹にも内緒。彼女との間ではその腫瘍は良性か悪性かとか、しょうもない話はしなくていいので本当に楽だ。両親を看取った彼女のこと、気づいてないはずはない。でもあたしが言うまでは聞かない。そういう人との接しかた、真似したいと思う。

来月は海外出張から帰った翌日に顔をだす予定なので、丁度いい。お土産を買う楽しみができたっちゅ〜もんだ。が、とりあえず、トマトが出回っているあいだに、せっせとスープ作りして溜め込まなきゃ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上げ膳据え膳、は猫様限定 | トップ | 秋になると »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
施設 (しまそだち)
2017-10-10 11:45:51
スタッフも優しくて素晴らしい施設ですね。
何よりよ
最近色々事件があるでしょ
あんなニュースは悲しいもの

わたしより丁寧だ
わたしなんて トマト丸々(お尻に切れ目を入れて置く)掘りこんで 途中ツルンと皮を取り除くんだヮサ

最近 大人の事情も理解出来るので、先方から言うまで
尋ねない主義です
アリのまね? (みどり)
2017-10-10 12:43:12
どういう意味かしら?
せっせと貯蔵するアリとキリギリスのアリ?

それにしても、一族の皆さんの仲が良いのが羨ましい。
周囲の雰囲気が良ければお父様も前向きになれるのも分かります。
一緒にお見舞い、おしゃべりの約束。
余計なことは言わない、聞かない。
良い関係ですね。


Unknown (クラリス)
2017-10-10 15:20:10
お父様を中心に良い関係が築けててなんか良いですね(^^)
施設の対応がこれまた素敵です。
きっとkebaさんにお母様の味が受け継がれてて、それでご両親とも懐かしさも感じておられるはず^_^
しまそだちさま (keba)
2017-10-10 20:27:52
老人介護施設での事件のニュースを見るたびに
他人事とは思えない、うちはそうなりませんように〜、って。

親しい人だから黙っていたいことってあるなぁって
大人の事情がわかってきた今日この頃です(笑)
みどりさま (keba)
2017-10-10 20:32:42
ご賢察の通り、せっせと貯めるアリです〜
トマトのスープを貯め込むの。
性格的にはキリギリスなんだけど(笑)

年齢が近い仲のいい従妹は、この歳になると得難い存在です。
彼女の長男が東京の大学に進学したおかげで
関係が更新され、今では車中女子会の友です。
それもやっぱり、両親がその基礎を作ってくれたんだなぁ〜って
いろんなことがつながってます
クラリスさま (keba)
2017-10-10 20:40:14
おっしゃるとおり、みんな「父に何がしてあげられるか」でつながってますね〜
従妹がここまでうちの両親を大事に思ってくれてるっていうのは
嬉しい誤算で、よかったなぁ〜としみじみ思います。

母の味か〜、そうなのかなぁ。
でも、母は手抜き大王じゃなかったので、その差は大きいかも(苦笑)。

コメントを投稿

猫ら&家族」カテゴリの最新記事