kebaneco日記

二匹の猫と
二人のシモベ
慌しくも楽しい毎日

ラオス2都市&ハノイ旅行記 初日

2017年01月02日 | 旅行記&その他
12月26日は、朝早く起きて9時半に成田を発ち、ホーチミン経由でビエンチャンに移動するだけで夜7時半になってしまうという日。

本当はハノイ経由にしたかったのだけど、成田ハノイが満席のためホーチミン経由。ホーチミンから先は直行ではなく、プノンペン経由のビエンチャン入りとなってしまったので時間がかかった。ちなみにあたし達が乗った飛行機は同じ便名のまま、ビエンチャンの後はハノイに向かうという、バスみたいな飛び方をする便だった。ホーチミン・ビエンチャンの単純往復では十分な利益が確保できないので、途中でいろんなところに立ち寄ってるんだろうなぁ、と思った。

それにしてもホーチミン空港って、その昔シェムリアップに行ったときに経由したけど、その頃の面影は全くないじゃないかぁ、と感慨に耽りながら、出来立てホヤホヤでまだ売店準備中みたいなピカピカのガラス張りのターミナルをぶらぶらした。

写真はその時の、ホーチミン空港の旅客ターミナル内部の様子。

ホーチミンからビエンチャンへは、途中プノンペンで降機して再び搭乗だったため、全部で約3時間もかかった。ということでほぼ12時間かけてビエンチャン空港に到着。とりあえず空港でお金を両替してから、迎えに来ていた車でホテルに向かった。泊まったホテルはフランス植民地時代の建物をホテルに改装したもので、市内の便利な場所にあり、バスタブも付いていた。チェックインのあと、市内を散策して夕食。ル・シラパというフレンチレストランに向かった。


お通し、かわいい〜



主人はメコン川川魚、あたしはベジタリアンの主菜

いきなりレベル高いじゃないか〜、ここラオスだよねぇ、と驚かされた。パンの美味しかったし、東京でこのレベルの料理を食べようとすると、敷居が高いところでしか出ないのではないかな、と思う。


まずはビアラオで乾杯し写真の料理そして赤白ワインをグラスで

ちなみに為替レートは10,000キープが約150円で、請求書の410,000キープなんて見ると、ど・ど〜する?みたいな気分で驚かされたりしたけど、6,150円。ラオスはほとんどのものを輸入に頼っているので、必ずしもレストランでの食事は安くないと言われていた。グラスとはいえ赤と白のワインを注文しているので、そういう意味では想定内料金。

というわけで、「おいしかったね〜」「レベル高いんじゃない?」というような会話をしながら、コンビニに立ち寄って水と氷をゲットしホテルに戻った。部屋で日本から持ってきてたウィスキーと柿の種でちょっと飲み直し、お風呂に入って就寝。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラオス2都市&ハノイ旅行記 ... | トップ | ラオス2都市&ハノイ旅行記 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい! (ようちゃんばあば)
2017-01-02 18:57:40
41万という数字。
いい加減な単位に切り捨てたほうが よさそうなのにね。笑えます。
おしゃれな食事ときれいな建物。
ここはどこかって 聞かないとわからないですね。

ようちゃんばあばさま (keba)
2017-01-02 19:08:11
日頃見慣れないゼロの多さには、
5日間という短い旅行の間では
アジャストできずじまいでした(苦笑)

この建物はホーチミンなので、
出てきます、これからこれぞラオスっていうのが。
どうぞお楽しみに〜
穴場 (みどり)
2017-01-03 09:42:02
ラオスって、けっこう海外旅行するには穴場なのですね。
お料理、見た感じでも美味しそうです。
通貨が万単位で計算ってのが少々面倒ですが。
みどりさま (keba)
2017-01-03 11:08:22
ざんしょ〜(笑)
あたしも、全く考えてませんでした、かかか。

料理はフランス領だったのでフランス料理
伝統的料理はタイ料理の唐辛子少なめ、って感じです。
ゼロが多くてマジあたま痛かったです〜

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。