kebaneco日記

二匹の猫と
二人のシモベ
慌しくも楽しい毎日

調査中

2016年11月20日 | おうちでご飯&生協
来週の準備としてお弁当用ご飯を炊き、野菜室に余ってた蕪を豚肉とオリーブオイル炒めにして、おかずとしてストック。3食分のおかずとなりました。先週作ったのが少々余っているので、それとのコンビネーションで来週を乗り切る予定。

冷凍庫投入前に冷ますためカウンターに広げていたら、あたしがいない間にマロがチェックに現れた。「品質チェックはだいじだからね」だそうです。お勤めごくろうさまです。


あたしがマニラにいるときに、ちょうど安倍首相がトランプ次期米国大統領と面会した。公式にはなんの肩書きもない人、アメリカ社会を分断した人、の私邸に首相が出かけていく意味ってなに?アメリカではトランプ候補が当選してから人種差別事件が発生しているし、一般国民が「この程度までなら言っても大丈夫なんだ」と思う差別的言動のハードルがかなり下がってしまった。

あれだけ派手に各国で放送されたので、来年欧州各国で行われる選挙でも右傾化傾向が明らかになるであろうといわれている。そんな人にたかだか90分あっただけで「信頼関係を築いていけると思った」ってね、一国の首相として軽率だ。世界に「トランプさん、実は信頼できる人ですよ〜」ってどうして宣伝してやらなきゃならないんだ、そんなこと絶対ありえないのに。

おまけに写真で明らかになった、ドナルド・トランプの娘夫婦が同席していたという事実。あれは衝撃。仮にあの場にいなければ知りえないような情報が口にされていた場合(基地とかカジノ法制関連など)、手広く事業をやっているトランプ一族に利用されないという保証はない。大統領の一族という立場をビジネスに利用しかねない、このトランプ一族の「縁故主義」は今後いろんなところで法的に問題を起こすと思う。

それぞれに自分の事業を持っているドナルド・トランプの娘夫婦には娘がいる(ドナルド・トランプにとっては孫)。彼女がPPAPを歌っているビデオが日本では話題になっているけれど、マニラにいたときはそっちは全く話題にならず、もっぱらその孫が中国語の詩を朗読しているビデオが話題になっていた。今年の春節にあわせて孫娘が中国風の衣装を着て朗読している様子だった。中国人の家政婦から中国語を教わっているらしく、BBCの中国人記者は「発音は悪くない」とコメントしていた。

慌てて御用伺いに行って、そのお礼に孫娘のピコ太郎の動画をもらった日本 vs 何も頼まないのに春節に合わせて唐時代の漢詩を朗読してる孫娘動画が数ヶ月前にアップされ、相手が同格になるまで待ってから会談するであろう中国、随分と差がついたものだ。中国は相当自尊心をくすぐられ、世界はこの扱いの違いに「日本よお気の毒さま」と嘲笑したにちがいない。そもそも血税で50万円のゴルフクラブをプレゼントし、「ゴルフウェアをもらった」とあるけど、どうせトランプタワーに入ってるトランプグッズの店の商品なんじゃないの〜、投資効果はゼロっていうかマイナス。税金返せ(苦笑)。

まだまだ「調査中」として側近同士の接触にとどめて相手の「品質チェック」をして、周辺からも情報収集を図って就任後のタイミングを待ったほうがよかったのにな、本当に馬鹿なことをしたものだと思う。マロのほうがよっぽど賢い(親バカ)。やっぱり年末解散のための「成果」集めなのかしらん。でもきっとプーチンはトランプ次期大統領になればアメリカが仲良くしてくれそうだから、もう日本には用はないと思うな、島なんか返してくれなくて経済協力させられるだけの貢くんになっちゃうだけさ。あ”〜、もう、税金返せ(怒)。

それにしても日本のメディアは、どうして誰もこの首相のドナルド・トランプにいいように利用されている状態を批判しないのだろう。ま、プーチンにもエルドアンにもドゥテルテにも利用されてるから麻痺しちゃってんだろうか。常任理事国入りしたくてお金をばらまき、それだけじゃ足りなくて自衛官の命まで差し出す日本の首相。こちらが何を望んでいるかこれだけバレバレになっていれば、まともな交渉にはならなくて、相手の望みを御用聞きするだけになってしまうという、基本的な人間関係を理解できてない首相とその取り巻きと、それに無批判な日本のメディア。

都合の悪い事実には一切目を向けず、恥ずかしい首相を国内でみんなで寄ってたかってよいしょする日本って、本当に恥ずかしい。
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝食 | トップ | ソファの下でまったり »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わたしがオバマさんだったら (しまそだち)
2016-11-20 15:58:13
なんやねん 
未だ大統領は、 わたしでっせ

N.Y.でのデモや オノヨーコのコメントを見ても
トランプ邸に飛んで行くのは、時期尚早でしょう

焦るな ! 焦るな!
”慌てる○○は、貰いが、少ない”って格言(?)を
思い出しました


安倍さん もいつか 「手のひら返し」に
あうでしょうよ
しまそだちさま (keba)
2016-11-20 18:57:12
仲良くしてくれなかったオバマ大統領へのあてつけのつもりでしょうが
仲良くできない理由を自分で作っていたという反省はないのよね、このひと。

仲良くしてくれそうだったプーチンから
「ボク、アメリカが仲良くしてくれるならシンゾ〜はど〜でもいい」って
思われてから気づいても遅いのにね、かわいそうな人。

シンゾ〜さん、他の人とまともな人間関係を作ったことも、
世の中のことを自分のこととして感じたことも、
先人の知恵を本気で学ぼうとしたこともないんだと思う。
政治家に一番なってはならない人を、日本は首相にしております。
あ〜あ
Unknown (クラリス)
2016-11-21 12:07:55
マロさん、もしかしてご飯の入った容器で暖を取っているのでは〜〜
賢いなぁ〜〜

パフォーマンスは派手だけどなんかずれてますよね、あのお方。残念ですね。
クラリスさま (keba)
2016-11-21 14:04:07
あ、そっかぁ〜
やりますな、マロさまは(おやばか)

あのお方、新しい上司にいの一番におべっか使いに行く
周囲の誰にも好かれていない器の小さいかわいそうな人、お気の毒さま

コメントを投稿

おうちでご飯&生協」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。