喜多方に来た方

会津が好きになって東京・埼玉からやってきたいちみの記憶

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新政、飲んだ!

2016-10-18 20:36:18 | 日記・エッセイ・コラム


水よりうまいと、我らの永遠の定番となった栃木の酒、「仙禽」。給料が出ると、月に一本のお楽しみ、若松まで一升瓶を買いに行きます。いろんな種類のせんきんが置いてあるのですが、時々、それ以外の他県の酒があるときがあります。青森の「田酒」もありました。このあいだ行ったら、なんと、今一番飲んでみたかった酒、「新政」が置いてあるじゃないですか。日本酒はあったときに買わないと次いつ出会えるかわかりません。借金してでもと、月一本のルールを軽く破り、ドキドキしながら購入、週末まで待って、期待をマックスに高めて、とうとう飲みました。せんきんを知ってから、旨口でこれよりうまい酒があるのだろうかと思っていたら、新政こうきたか!せんきんのメロンのような香りはしないものの、口に含むと、ピリリと炭酸が効いた感じなのにすっきり美味い。そして飲ひろがる香りとうまみ。まったりなのにすっきりとありえない表現方法で例えるしかないミラクル・テイストは淡麗旨口!今後、若松の酒屋に行くのが恐ろしい、我らはいったいどちらを選べばいいのでしょう。そんな悩みを抱えながら、喜多方のウエルシアに洗剤を買いに行ったら、どうゆうことか、写楽に獺祭、そして新政のナンバー6Xタイプが置いてあるじゃないですか。なぜこんな所に新たな誘惑が!しかーし、値段を見てびっくり、新政さん、なんと8000円するじゃないですか!通常価格2480円がなぜこんな法外な値段に!獺祭も、写楽ももちろんバカ値段!こんなことするから、おいしい日本酒が飲めないんじゃないか。しかも、高い値段つけてるくせに、一部は常温販売。ひどすぎ。そんな、大切感ちっともなし。作り手にはわずかしか入らないのに、小売店の分際でこんなことが許されるのか。そして、こんなバカみたいな値段で日本酒を飲む奴とは絶対飲みたくなぜ、と庶民ならではの怒りを噴出させながら、「でも、ひとくち、飲んでみたいなあ」とうしろがみひかれながら店を後にしたのでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紙相撲ならぬフィギュア相撲

2016-10-17 22:02:36 | 出産・育児




我らのピコはフィギュアが大好き。でも、キャラクターものは食玩でもガチャガチャでも驚きの価格。なので、親は、スーパーに行くと必ず赤札コーナーをチェック。すると、半額以下のスレスレ価格で、イロイロあったりします。50円を目安に仕入れていたらけっこうな人数に。そこで、ダンボールで土俵を作って、みなさんに相撲を取っていただくことにしました。ピコも大喜びで残った残ったと、白熱の取り組みを日夜行っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楕円の夢とソケリッサ

2016-09-15 21:23:24 | 音楽

二年に一度行われる、山形ビエンナーレに行ってきました。目当ては寺尾沙穂ワークショップとソケリッサとのライブ。我れらのさんちゃい児にとっては、去年の喜多方で行われた二階堂和美ライブ以来の音楽体験です。まずは午前中に行われたワークショップへ。最近、全国のわらべうたを発見しまくっている寺尾さんのピアノをバックに、ソケリッサの方々も一緒に、自由に身体を動かすというなんとも贅沢な企画に、大人も子供も大喜び、ワイワイガヤガヤ楽しく汗をかきました。そして夕方は、大人向けのライブ。楕円の夢をPVで見て以来、今、最も見たかったライブを、まさか山形で見れるとは夢にも思っていませんでした。ソケリッサの活動はHPで見てもらえればと思いますが、ダンスをするのは、振付のアオキさんと現・元ホームレスのヨコウーチさんと小磯さん。ダンスをライブで見ること自体初めてでしたが、プロの舞踏がこれほど、流れるように自然に身体を動かすものとは思ってもいませんでした。水の中で浮遊するかのような前進が連動した動きに驚きです。そして、それと対照的なメンバー二人のダンス。表現を超越した生々しさは恐れと哀しみが観るものに押し寄せてきますが、負の感情では全くありませんでした。何故ならそれが人間だから。これほど、自分の感情が、無の状態で震わされたことはありませんでした。肉体と音楽が、これほど感情を揺さぶるとは!語られた人生は、どこかの昔話なのか、自分の未来なのか、走馬灯のようにフラッシュバックが起こっているようで、でも、視線はステージに引き込まれ、気づけば相方号泣、さんちゃいも拍手で、私もウォーと叫びたくなるほど、最高の舞台でした。こんなの、見たことなかった!ものすごく素晴らしかったのです!この夜のことは、気の合いそうな人を見つけたら、酒の席で一生語るね!明るい道と 暗い道 おんなじひとつの道だった あなたが教えてくれたのは 楕円の夜の美しさ!「生きることと表現することを両立させていくのって、大変じゃないですか? だけど、生活が苦しくてもなんでも、一方で自分を表現していくってことを地道にずっと続けているひとに、すごく魅かれるんです。」インタビューより
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

寺尾沙穂やってくる

2016-09-05 22:32:59 | 音楽

この間山形に行ったとき、コンビニに入ったら、たいそう目立つポスターがありました。よく見たら、二年に一回行われる山形ビエンナーレのお知らせ。前回行ってたいへん満足したので、今回も是非と思っていたら、フライヤーをみてびっくり、寺尾沙穂がライブをやるじゃないですか。しかもソリケッサと、しかもフリーで!これを行かぬ者がおるでしょうか。一家総出で向かいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソラマメできた

2016-07-19 20:54:13 | 野良仕事


水不足が懸念された今年の夏ですが、久しぶりに梅雨らしい天気が続き、ダムにも水がたっぷりつまっています。水やりから解放された我らのほったらかし農園、苦労の甲斐あって、一般の畑と比べたらかなりスローな成長ぶりですが、なんとか育っています。ゴマやカボチャが調子よく、ゴマ虫やうどんこ病との戦いはこれからですが今のところ順調。一方、夏の高温では結実しない花豆、早植えでけっこう莢がついたので、今年は豊作かと期待したのも束の間、莢になってから息絶えたものが多数発生、ジャガイモも疫病とテントウムシダマシの異常発生に、収穫クエッションマークが点灯しております。すべてがパーフェクトにはいかない野良仕事、修業は永遠に続きます。でも、こんなに大きなソラマメもできて、来年は自家製豆板醤もできるかしら。とにかく我らの野良仕事は農業ではないので、なにをどうやっても自分たちの自由なので飽きません。なので第一農園試しに映してみると、どこになにがあるのかなかなかわかりづらい仕組みになっております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初収穫はお決まりポーズで

2016-07-01 22:34:47 | 野良仕事

露地栽培野良仕事人間にとって、お盆前に収穫できるものは大変限られています。ナス、ピーマン、辛子、オクラなどは暑い盛りに食えた試しがありません。彼らはいまだに本葉数枚、これが収穫できるとは想像もできない小ささです。そんな中、今年のほったらかし農園一番手は、レタス、インゲンを抑えてズッキーニとなりました。出来立ては肌もチクチクするのです。なにはともあれ、今後の豊作を祈願しつつ、食いしん坊モデルによる記念撮影となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野良仕事クルーズ

2016-07-01 22:25:52 | 野良仕事

我らのほったらかし農園は、第二と第三が車で行った方がいい距離に点在しています。第二は水路が畑のすぐわきに流れているので、水の心配はありませんが(逆に裏がすぐ森なのでクマが恐ろしい)、第三は水がないので植え付け時は一苦労。両手をジョーロでふさがれるので自転車は使えません。そこで、登場したのがスケートボード。20㌔の水を天秤にかけてるので、たいへん不安定ですが、誰もいない農道を滑る快感にすっかりはまり、野良仕事後、この道をクルージングするのが日課になりました。ブユに刺され汗だくでも、シャーと滑れば気分爽快です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

選挙

2016-06-30 22:45:17 | 日記・エッセイ・コラム
会社の昼休み、地元の新聞を読んでいたら、今度の選挙に立候補する人たちの自己PRが掲載されていました。各人の紹介がされていましたが、共通の質問欄があって、そこに尊敬する人物は?というものがありました。どれどれとたいした関心もなく読んでみたら、「これは、新聞の表記ミスでは」と思わず疑ってしまいました。民進党から立候補した人が、阿部晋太郎と書いてあったので。なんで敵の大将を尊敬してるのかって、その時は思いました。今の首相と勘違いしたものですから。政治屋に限らず、芸能人でさへ、意外とフルネームでは覚えていないものです。そうそう、あれは晋三。でも、なんか名前が似すぎてるなあと思って、ネットで調べてみたら、晋三の親父じゃないですか。民主党(民進党)になにも期待できない人たちも、自民党には絶対入れたくない選挙と思えば、対抗政党として抗議の一票として入れてくれるはずなのに、尊敬する人に自民党議員を選び、それを党がOKするとは、一体全体謎すぎて意味がわかりません。本当に尊敬しているにしても、ここは誤解を招くようなことはしない方がいいんじゃないかと、普通に思いますが。朝日新聞に出ていた記事に、面白いのがありました。ある自民党元都議の人が、選挙活動で一番大事なのは、「地元の行事や冠婚葬祭に出席すること」だそうです。選挙で投票してくれるのは、若者より、地域の組織や地縁を大事にする、年配の人だからだそうです。政治に無関心な人たちが増え続け、それを古い政治屋がどのよう国家としてコントロールするのか。無関心ということは言うことを聞いてくれないということ。このまま独裁色が一層強まり、原発も稼働されまくったとしても、未来をみせられない政治では、コントロール不能の国民に、予想できないしっぺ返しを食らうことになるかもしれません。経済はすでに実態を離れ、ゲーム化しているので、国が介入したとしても制御不能です。それでも、我らは、未来のために、投票します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親ばかなのか

2016-06-29 21:52:26 | 出産・育児



野良仕事も定植がほぼ終わり、あとは収穫まで、水やりに草刈りぐらいになったので冬野菜までは中休み。そこで、、週末は隣県の山形、蔵王西公園に行ってきました。広大な敷地内に、驚きの遊具が無料でわんさか、しかも高原でさわやか。こんなのが代々木公園の隣にあったら、即寿司詰め状態になること必死の、素晴らしい公園なのです。山形は非常に都市部と郊外のバランスガとれていてうらやましい限り、涎がでそうになる公園が、いたるところにあるのです。さて、たいそう内弁慶な我らのピコ。そんな遊具満載の場所でも、見知らぬ人がいると意気消沈、巨大滑り台も、アスレチックも見て見ぬふりになってしまいますが、家に帰ると、音楽かけろと大騒ぎ。ボノボや清竜人、ソウルフラワーが特にお気に入りで、永遠にループしてはダンスしまくります。これが、親ばかというものなのでしょうか、ビートの取り方や、ダンスのメリハリが曲にたいへんあっていて、指が届くようになったら、家バンドが結成できるのではと、密かに楽しみにしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山都三昧

2016-06-20 22:49:38 | 日記・エッセイ・コラム



この間、若松から久しぶりにペースケさんがやってくるということで、会津の聖地、山都へとむかいました。まずは茶房千で限定開店開店している、アサケンさんの雑穀雑穀食堂へ。調整できないタカキビを大量に育て、いまだに食すことのできない我らへの指針とするべく、バリエーション豊富なメニューに舌鼓を打ち、ホホウと感心していたら、二階から森デコのトシベーさんが降りてきて、孵化したてのヒヨコを見せてくれました。その足で日曜市により、満腹にもかかわらず、おふるまいのカリーをありがたく頂戴し、おなじみクマさんパン屋さんの食工房へ。強力リスニング・ルームで移住を考えて家探し中のご夫婦とお茶をした後は、ジャンベに人生を乗っ取られたホレス・アンディさんの家に乗り込んで、時間差新年会。ペースケさんの日本酒話に、ムムムと感心しきりな一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スケボー潅水

2016-06-20 22:15:06 | 野良仕事
休む暇のなかった6月、種を蒔き耕し定植して潅水の繰り替えし。山近くの畑なので、夕方メインの野良仕事では、ブユ地獄、いくら免疫ができたたといっても、痒さはかわらず、いったい何か所噛まれたことか。今年は頻繁に出没しているクマも恐ろしいので、奇声を発しながらの農作業、知らぬ人が見たらクマより怖いはず。それでも汗かきべそかきせっせとやったので、みなさん活着して、夢の大収穫めざしスクスクと育ち始めました。近くに水路がない畑では、両手にジョーロをもってスケボー潅水。緩やかに傾斜しているので、山間の風に気持ちよく汗がひいていきます。誰もいない農道を優雅にクルージング、都会のスケーターがこのロケーションをみたらさぞ羨ましがることでしょう。熱塩加納っていいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花畑

2016-05-19 22:27:33 | 日記・エッセイ・コラム





飛び飛びのゴールデンウィーク、サラリーマン野良人にとっては貴重な休みだったのですが、ピコがまず風邪をひき、治ったかと思ったら、相方、そして私、おまけにバウバウ犬まで体調を崩し、一家全員がゲホゲホと、一週間、悪玉菌の高密度の中で過ごしておりました。しかし、いつまでも塞ぎ込んではいられません。なぜなら、野良人にとって5月6月は一年で最も忙しい時期だからであります。滋養強壮ドリンクを500本飲んで、喜多方中の生卵をガブ飲みし、寝ててもフルマラソン走れるぐらいの気力を取り戻し、鍬を担いで出動です。一見、放置され、惰農と後ろ指さされても仕方のない畑に、畝を立てるのには根気と体力がかかせません。さて、そんな忙しいさなかにも、美しい心を忘れない我ら一家は、裏山で満開になった菜の花畑で、リフレッシュ。麓から見えるほど、山の一面がまっきっき。春の桜に、夏のひまわり、秋のコスモスと、誰が見ても、「わお」と思うようなロケーションと規模に、喜多方、ホントに花で有名になれるんじゃないかと、ワクワクしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LIVE FILE : 田我流とカイサ?ーソセ?

2016-05-15 23:24:39 | 音楽
LIVE FILE : 田我流とカイサ?ーソセ?


今、最も聞きたい人たち。酔っ払い指数150
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お嫁においで 2015 / 加山雄三 feat. PUNPEE

2016-05-14 21:49:46 | 音楽
お嫁においで 2015 / 加山雄三 feat. PUNPEE


若い人の三人に一人以上が、無料でも音楽を聴かないそうです。無料で素敵な音楽を紹介します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

豆ぶち

2016-05-08 09:06:38 | 野良仕事





惰農の名をほしいままに操る、自称野良人。去年収穫して干してあった大豆を、今頃脱莢いたしました。味噌用に種を継いで育てていますが、鍬一本で耕作、種蒔き、収穫、調整一通りやるのに、かかる時間と労力といったら、農協で大豆を買ってすますとのでは、天と地を越えて、宇宙の果てとマントルぐらいの差があるといえましょう。それでも、せっせとやるのは、チャレンジする意義があるから。しかし、本来なら、昨年中にやらねばならない脱莢も、虫がはいらないようにギリギリまで時期をずらして蒔いているので、ほとんど初冬、寒くて対処できず、いつも春先の、野良人が最も忙しい時期になってしまいます。おまけに、せっかく干しておいた豆も、春暖かくなると、どんどん自力で莢がわれ落ちてしまうし、雨でふやけてしまうのです。それでも、選別すれば、なんとか無事なのもあるので、へこたれずに今年もやりました。いつもは、豆の束を踏んづけて、最終的にはヘトヘトになり地団駄とかしますが、今年は蔵に置いてあった、豆ぶち用の棒でやってみました。これが、恐ろしい優れもの!使う前はまったく期待していませんでしたが、脱莢には最高の道具だったのです。微妙なそりがあることで、一度たたけば、面白いように豆が落ちます。昔の人ってホント凄いです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加