のんびり気ままに~光の鉄道写真ブログ

のんびり、気ままに、四季折々の風情を楽しみながら、鉄道写真を楽しむブログ

大井川鉄道

2012-09-29 | Weblog

少し前の話になりますが、18きっぷを使って大井川鉄道に行ってきました。

煙はありませんでしたが、平日にもかかわらず7両も客車が連結されてい

て驚きました。

 

2012年9月10日 福用 - 大和田

 

 

コメント

自強号

2012-09-24 | Weblog

台湾に行ってきました。これまで海外は北米やヨーロッパしか行ったことが

なく、日本以外のアジアの国を訪れるのは初めてのことです。

非鉄の友人との観光旅行でしたので、移動はバスが中心でしたが、台北、

花蓮間は写真の台湾鉄道東部幹線の自強号に乗りました。電化区間を気

動車で走りましたが、特急だけあってスピードも早く快適でした。台北では

曇っていましたが、花蓮では土砂降りになり、太魯閣渓谷散策も霧の中と

なってしまいました。

翌日からは晴れてで暑くなったのですが、新幹線の走る高雄、台北間を

はじめとしてすべてバス移動でした。高速道路を走るバスの車窓から遠

くを走る新幹線を羨望の眼差しで眺めていました。

 

2012年9月19日 花蓮

コメント

はちおうじ日光号

2012-09-17 | Weblog

この連休中、中央線でどのような臨時列車が運転されるか見ていたところ、

「はちおうじ日光号」のみ撮ったことも見たこともなかったので撮りに行って

きました。

塗色が変わってE253系も成田エクスプレス時代とだいぶ印象が違いますが

これはこれでよく似合っているという感じです。

いま雨が降ったり、晴れたりと天気が不安定になっていますが、夕方晴れてい

たら国鉄色の183系で運転される「かいじ188号」を撮ってこようと思います。

 

2012年9月16日 豊田 - 八王子

コメント

小淵沢の大カーブ

2012-09-14 | Weblog

息子を日本一高いところを走る小海線に乗せたいと思ったのですが、車で

来ていたため妻と息子に小海線に乗ってもらい自分は車で追いかけること

にしました。駅まで妻と息子を送り、進行方向右側に座るよう言い、自分は

小淵沢の大カーブまで先回りし妻と息子の乗った列車を撮影します。

早めに駅に着いたにもかかわらず、列車は座れないほど混んでいたそうで

す。息子は2両目の後ろのドアから力いっぱい手を振ってくれました。

八ヶ岳高原道路で清里まで登り、駅で合流し、清泉寮や滝沢牧場などをま

わりました。帰りの中央道は大渋滞で、息子も疲れきった様子だったので

上野原ICで降り、今度は妻が車を運転してくれるといったので、息子と一緒

に中央線の鈍行に乗り帰ってきました。中央線に乗ったとたん息子は「今度

は電車で行こうね」と言っていました。

 

2012年9月9日 小淵沢 - 甲斐小泉

 

コメント

八ヶ岳高原列車

2012-09-09 | Weblog

この週末は家族で清里、小淵沢にでかけてきました。9月に入っても暑い日

が続いていますが、さすがに標高1300mを超える清里は冷房なしでも過ご

せる涼しさです。

小淵沢のペンションに宿泊し、朝の散歩がてら、近くの踏切で野辺山行きの

八ヶ岳高原列車を撮ってみました。

 

2012年9月9日 小淵沢 - 甲斐小泉

 

 

コメント

久留里線

2012-09-03 | Weblog

未使用18きっぷがあったので、旧型車両の置き換えが迫る久留里線に出

かけてきました。東横田駅で降り、横田駅との中間あたりのポイントで構え

ていたのですが、晴れ、曇り、雨と天気が目まぐるしく変わり、列車の来ると

きにはちょうど曇るという悪循環で、なかなかまっとうな写真が撮れません

でした。

今日は鉄道利用で、天気が良ければ沿線を歩いてロケハンしようと思い、

普段は子どもを撮るときに使っている、ニコンD3100と18-55, 55-200の

2本のキットレンズという超軽量機材で来たのですが、帰りの列車を横田駅

で待っていると晴れてきたので、55-200を付け交換シーンを撮ってみたと

ころ、思いのほかクリアに写っていて驚いてしまいました。ズーム域の両端

や絞り解放では若干描写が甘くなってしまうところもありますが、条件が良

ければいいレンズとそれほど遜色なく撮ることができます。

 

2012年9月3日 横田

コメント