のんびり気ままに~光の鉄道写真ブログ

のんびり、気ままに、四季折々の風情を楽しみながら、鉄道写真を楽しむブログ

青梅に集結した201系

2007-11-14 | Weblog
ちょっと前の写真ですが、青梅駅構内に集結した201系です。
201系のオレンジはカメラによってずいぶんと色の差がでるような気がするのですが、
実車もかなり色が違います。オレンジは退色の激しい色のようです。
オレンジといえば、大阪環状線のオレンジはもう少し渋い色のように見えるのですが
じっさいのところどうなのでしょうか。

2006年5月3日 青梅 CANON EOS 20D EF28-135 IS
コメント

第八只見川橋梁を行くC11

2007-11-07 | Weblog
3日に撮った、上りのSL会津只見紅葉号です。
せっかく2台持っていったので、EOS20Dのほうは手前の紅葉を大きく取り入れて撮っ
てみました。しかし、やはりこの場所は蒲生岳が入っているほうがいいですね。

2007年11月3日 会津蒲生 - 会津塩沢 CANON EOS 20D EF28-135 IS

コメント (3)

第五只見川橋梁を行くSL会津只見紅葉号

2007-11-05 | Weblog
順序が逆になってしまいましたが、下りのSL会津只見紅葉号です。
下流側にあるにもかかわらず、この場所は一週間経って紅葉のピークが過ぎてしま
ったようです。
列車が来る30分くらいまで厚い雲に覆われ、はたしてこの雲が切れるのかとやきも
きしていましたが、予報どおり陽が差しました。
曇天のときには水鏡になっていたのですが、水鏡よりも太陽が出ているほうが写真
としては好きです。水鏡がなくなったので、川を切り取り列車を大きく取り入れ、
構図をかえて撮りました。気温が低めだったせいか白煙がきれいになびいてくれま
した。
今回はEOS20DとSONYα100のデジタル一眼2台体制で行きました。第五橋でも
第八橋でも「デジ一2台ですか」、「違うメーカーのデジカメ2台ですか」と隣でカ
メラを構えている人に話かけられました。
さらに「画質はどちらがいいですかねえ」と聞かれ、EOSだと思いますとその場では
答えてみたものの、家にかえってからJPEG撮って出しの画像を見ると、意外にもと
いっては失礼ですが、SONYのほうが色のりがよく、抜けもいように感じられました。
シャープネスも画素が多い分、SONYがいいようです。まあ画像はあくまでも個人的
な好みの問題ですが・・・。
ちなみに両カメラとも彩度のみ+1の設定で、あとは初期設定のままで使っていま
す。EOSはRAW+JPEG、SONYはJPEGのみにしてあります。
EOSのほうがあとから加工しやすいようにあっさりとした画像になっていることと
は思いますが・・・。今日はEOSで撮ったRAWを現像した画像のほうをUPします。

2007年11月3日 本名 - 会津川口 CANON EOS 20D EF28-135 IS





コメント

第五只見川橋梁を行く磐西・只見ぐるり一周号

2007-11-02 | Weblog
第三橋梁を行く磐西・只見ぐるり一周号です。
只見の紅葉は本当に最高の鉄道風景です。いつまでも紅葉の時期にSL運転が続くよう、
ルールを守って撮影したいものです。
わたしも明日、再度只見に向かいます。第一で撮るか、第三で撮るかは明日の混雑具合
をみてから決めようと思います。
紅葉進んでいるでしょうかね。

2007年10月28日 本名 - 会津川口 CANON EOS 20D EF28-135 IS


コメント (2)