ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

愛松屋 @愛知県稲沢市

2017年05月19日 | 愛知県(老舗・他)

名鉄名古屋本線の奥田駅の踏切の横にあるタバコ屋兼駄菓子屋の「愛松屋」。こちらお好み焼きや焼きそばもやっていて、店の中で食べられる昔からある形態の店。こういう店は戦後に戦争未亡人が在宅で1人でも始められる仕事として広まったという説もあるらしい(この店がそうかは知りません)。こちらが最近個人的に注目している「ソース後がけ焼きそば」らしいと聞いて訪問。暖簾が掛かっていたので(逆向きだけれど・笑)店の中へ。駄菓子類の棚は空きが多い。誰も居なかったので奥に向かって声を上げると、奥から息子さんらしき方が出ていらして、ご高齢の小柄なお母さんを呼んで下さった。「焼そば」を食べたい旨伝えるが、「そば、切らかしてまって…」と、残念ながら目当ての焼そばは食べられず。休日前に注文しておくのをお忘れになったのだとか(笑)。「時間かかるけど、お好み焼ならええよ」との事で、一番シンプルな「お好み焼」をお願いした。

まだ暗い飲食スペースに電気を灯して準備が始まる。中はカウンターにスツール、ゲーム卓も置いてあり、壁には「トイレ使用料・前金拂20円・但シお客様ワ無料」(原文ママ)の貼り紙も(笑)。駅が近いから貸してくれっていう人が来るのかな。お母さんは鉄板に火を入れ、冷蔵庫から材料を出してゆっくりと準備。壁に貼られた短冊の品書きにはビールや「酒1級」の文字も。準備の間にいろいろお話させてもらう。お母さんがここに嫁に来たのが伊勢湾台風(昭和34年・1959)の時だったそう。ということはもっと前から営業しているんだろう。電車がすぐ横を通るので地盤沈下して家も傾いてしまうのだとか。なんて話をしていたら「お好み焼」が完成。

平皿にのせられた「お好み焼」は、古い店らしくウスターソースが控えめに塗ってある。4つにカットされていて薄焼き。2つに折られる東海地方仕様のもちっとした生地ではなく、下側がしっかりめに焼かれパリッとしている。紅生姜が効いて旨い。薄味で「よかったらソースかけて」と言われていたがそのまま食べ進めた。目当てだった焼そばは、以前は今よりももっと太い麺を使っていたが、仕入れ先が変わったのだとか。そうか、それでその辺のスーパーで買い足しに行ってくる訳にはいかないんだね。そんな話を聞いたら尚更食べたくなってしまう。「次は焼そば食べに来てね」と言って下さったお母さんのご健勝を祈って再訪を誓い、勘定してもらった。(勘定は¥250)

 

 


 

↓ 「中高記念館」(明治13年・1880・建造、移築修理)。明治20年4月に開校された中島郡高等小学校校舎として使われた。2度程移築しているらしい。目の前の駐車場が近過ぎて惜しい。

 

 


 

愛松屋

愛知県稲沢市奥田長角町70

 

( 稲沢 いなざわ 奥田 おくだ あいまつや あいまつ屋 名古屋鉄道 奥田駅 お好み焼き おこのみやき ヤキソバ 焼きそば やきそば ソース後がけ ソースあとがけ 駄菓子 )

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Olé Olé Olé! : A Trip Acros... | トップ | えびすや @名古屋市西区・... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画の一場面のような...... (ゆめ未来)
2017-05-19 10:57:38
ハリーさん、おはようございます。

映画の一場面を連想するような、ほのぼのとした良いブログですね。

ぼくの心まで、あったかくなりました。
Unknown (ハリー)
2017-05-19 13:46:56
ゆめ未来さん、こんにちは。

本当に可愛らしいおばあちゃんでした。ぜひお元気なうちに焼きそばを食べに再訪したいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。