ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

Kiss / Kiss

2016年12月20日 | ハードロック

Kiss / Kiss (1974)

1974年に発売された記念すべきキッス(Kiss)のファーストアルバム。邦題は「キッス・ファースト 地獄からの使者」。本国でも初めの売上げは全然大したことなくて、売れるのには時間がかかったそう。このジャケットのアートワークはビートルズ(The Beatles)を意識したんだっけ(ホントかなァ)。よく見るとピーター(Peter Criss)のメイクが怪しいし、他のメンバーのメイクも後年とは若干の違いがある。収録された曲の多くが現在もセットリストに入れられることが多いので、メンバーにとっても、ファンにとっても重要であり続けているアルバムなんだろう。

メンバーがヴォーカルを分けているのでバラエティに富んでいる。音はシンプル過ぎるくらいなので、ド派手なメイクとのギャップは大きい。自分も若かりし頃にそのギャップに戸惑ったくち。自分が初めて聴いた時はまるでイギリスのスレイド(Slade)みたいだと思ったが、当時の人もそうだったかもしれない。スカスカな音だと揶揄されることが多いアルバムだが、自分はこの音がかなり好き。3「Firehouse」のグッと腰を落とした”タメ”なんかは最高。同時代のエアロスミス(Aerosmith)のファースト「Aerosmith」(1973)もスッカスカで大好きだったが、それに通じるシンプルさと痛快さがある。若い頃にもっとしっかり聴いていたらなァとも思うが、好きになる音楽ってそんなもん。

中古店にて購入(¥750)

  • CD (2014/6/5)
  • Disc : 1
  • Format: CD, Import
  • Label : Mercury
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漢斗利 @岐阜県岐阜市 | トップ | 百老亭 上飯田店 @名古屋... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (生粋のKISS ARMY)
2016-12-21 20:11:09
( ^^)/ハリーさん こんばんは~
おーっ! 1stアルバムのジャケット、懐かしいですね♪
現在のようにWebで事前に知識を得る事が出来なかった当時は、このジャケットが初対面でしたね。
ハリーさん談のようにジャケットから想像するモノとは違いました。
未だ、小学生でしたが、背伸びをしてKISSに出会う前はユーライア ヒープなんぞを聴いてましたのでKISSの曲が明るく乾いたイメージに感じました。
いやー! 懐かしい♪ 週末に自宅へ戻ったら私も1stアルバムを引っ張り出してみます。
CDではなく、LPですが( ̄∇ ̄)
Unknown (ハリー)
2016-12-22 07:15:01
生粋のKISS ARMYさん、こんにちは。

小学生でユーライアヒープっていうのもすごいですね(笑)。

>CDではなく、LP

こうしてCDのジャケを手に取ってみても全然迫力ありません。
やっぱりLPの30センチ角の迫力も込みでのロックですよねー。

コメントを投稿

ハードロック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。