ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

The Best Of Freddie King / Freddie King

2017年05月14日 | ブルース

The Best Of Freddie King / Freddie King (1990)

ブルースで3大キングと言えば、BBキング(BB King)、アルバート・キング(Albert King)、そしてこのフレディー・キング(Freddie King)とよく言われる。これはちょっと酷いジャケット・デザインだが、フレディー・キングのベスト盤。なぜこの盤が目に留まったかと言うと「Shelter Records」から発売されていたものだったから。あのレオン・ラッセル(Leon Russell)が主幸したレーベルで、この盤もプロデュースのクレジットをデニー・コーデル(Denny Cordell)とドン・ニックス(Don Nix)と分け合っている。フレディー・キングが一時でもシェルター・レコーズに所属していたとは知らなかったので興味が涌いた(3枚アルバムを発表したんだとか)。ちなみにCD化にあたってのエンジニアはスティーヴ・ホフマン(Steve Hoffman)。あの辺の音が好きな人ならワクワクしてしまう面々が揃っている。

フレディー・キングと言えば、60年代初期のクラプトン(Eric Clapton)らにカヴァーされた「Have You Ever Loved A Woman」や「Hidaway」で有名だ。このシェルター期にもジェフ・ベック(Jeff Beck)やストーンズ(The Rolling Stones)にカヴァーされた「Going Down」がある。60年代頃までに活躍したブルース・アーティストが70年代に入ると、彼のような大物も含めて白人アーティストや白人プロデューサーに接近して(無理矢理引っ張り出され?)引っ掻き回され、一部は陳腐化、一部はカルト化(笑)した。そんな感じを予想して聴くと、この盤のフレディー・キングは楽曲の質も高く、陳腐化は逃れているしなかなかイイ。自分もブルースの大御所アーティストの70年代の作品を聴くようになったのはまだ最近だが、意外とハマっている。

中古店で購入(¥300)

  • CD (1990/4/2)
  • Disc : 1
  • Format: Import
  • Label : Dcc Compact Classics

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中村屋 @名古屋市中村区・... | トップ | いしぐれ珈琲 @岐阜県岐阜市 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。