ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

丸井合名会社 @愛知県江南市

2016年11月12日 | 愛知県(他)

布袋本町通りにある酒造「丸井合名会社」。麩饅頭で有名な老舗和菓子屋「大口屋」の向かいにある。酒造らしからぬ社名だが、店先に掲げられている緑青(ろくしょう)の吹いた風格ある銅看板には逆読みで「創業寛政二年・御酒所・丸井村瀬酒造場」とある。寛政2年というと1790年だから、220余年の歴史だ。町屋造りの店のガラス木戸を開け店内へ。土間にあるテーブルの上に数種の酒瓶が1本づつ、後ろの木の棚にそれぞれの酒瓶が並ぶのみのシンプル極まる陳列。声を掛けると奥から女性(奥様かな)が出ていらっしゃった。さすがにお初の酒を1升瓶で買って持て余すと嫌なので4合瓶で「原酒」を購入。こちらの代表銘柄は「楽能世(楽の世・ラクノヨ)」だが、それの原酒っていうことでいいのかな。

ラベルにはドーンと「原」の文字。生酒ではないので火入れはしてある。店では「冷や」(あるいは「冷やして」だったか)でと言われた。原酒だから加水していないと思うが、アルコール度数はなんと20度。通常の酒が15度くらいだからかなり度数が高いのが分かる。口に含むとさすがにどっしりとした濃い味。冷や(常温)でも香りが強く、これを燗つけたら香りだけで酔っ払いそうだ。さすがに呑んべえの自分も「和らぎ水」が必須。ガツンとくるフルボディーを楽しんだ。当たりが強すぎて淡い味の酒肴には合わせ辛いかもしれないが、これからの季節、豚肉や猪肉を使った濃い味噌鍋なんかにはとても良さそう。(勘定は¥1,000)

 


 

↑ 名鉄犬山線に乗ってもご尊顔を拝むことが出来る「布袋の大仏」。古いものだと思っていたら、昭和29年(1959)に個人が夢のお告げから独力で手作りした大仏なのだとか。しかも所有者なのか裏には住居兼治療院が!(現在は近くに移転とのこと) 知らなかった。

 


 

 

丸井合名会社 

愛知県江南市布袋町東202

 

( 江南 こうなん 布袋 ほてい 丸井酒造 丸井酒店 丸井酒造場 日本酒 醸造 ラクノヨ 楽の世 江南の酒 原酒 布袋の大仏 )

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« From The Vaults, From The ... | トップ | 志蕎庵 江月 @名古屋市名... »

コメントを投稿

愛知県(他)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。