ハリーの「聴いて食べて呑んで」

日々増殖を続ける音源や、訪問した店、訪れた近代建築などの備忘録

ダ・バッボ @岐阜県岐阜市

2016年10月13日 | 岐阜県(欧)

店構えが綺麗なので新しい店だと思っていたら、創業は平成11年(1999)というから、すでに17年も経っているという岐阜市金町(こがねまち)の「ダ・バッボ」。店は金(こがね)神社の区画の交差点付近。折り畳み自転車でウロウロしていた時にランチで訪問。あまり見覚えが無いんだけれど、前からここに店があったのかな? 店に入ると右側がカウンターと調理場、左側にテーブル席。間口は広くないので調理場もかなり狭い。道路に面した側にしっかり薪窯がある。メニューから「マルゲリータ」を注文。たしか「15周年記念」という事で通常料金より値引きがしてあったと記憶するが…周年の計算が合わない(笑)。見間違えたかな。

まずはサラダ。主人が丁寧に手でちぎって、人参の千切りなどが添えられたグリーンサラダ。オリーブオイルのシンプルなドレッシングでいただく。次はスープ。数種類の豆や野菜が入った優しい味のスープ。その間にも調理は全て主人が1人で行い、ピッツァの生地を手で伸ばし、トッピングをのせて、薪をくべてある窯の中へ。座っている場所から近いので、こういう調理は見ているだけで楽しいものだ。

しばらくして熱々の出来立てピッツァが登場。縁が盛り上がったピッツァ・ナポリターナ。シンプルなナポリ風ピザだ。トマトソースの上にモッツアレラ・チーズとバジルの葉。カットされた1片を口に放り込むと、熱いチーズが上顎に貼り付いてお約束の軽い火傷。生地の風味とトマトソースの酸味、チーズのコクとバジルの香りが一体となっていて、生地の状態も好み。旨い。基本のマルゲリータがしっかりしているので、間違いなく他のピッツァも旨いだろう。他の客がオーダーしていたソーセージを生地で包んで焼き上げたものがいかにも旨そう。メニューを見返してみると「ストロンボリ・春巻型ピッツァ」としてあった。次は絶対それを。(勘定は¥950→¥850)

薪窯焼きピザの店 ダ・バッボ

岐阜県岐阜市金町5-1

 

( 岐阜 ぎふ 金町 こがねまち ピッツェリア ダ・バッボ    PIZZERIA Da Babbo 薪窯焼きピッツァ専門店 金神社 ナポリピッツァ ナポリピザ ピザ )

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鰻 木屋 @名古屋市東区・... | トップ | The Many Faces Of David Bow... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
気になってた (ゲンゴロウ)
2016-10-13 15:02:56
ハリーさんこんにちは
ここは昔から気になってるけどなかなか行けずにいます。立地がらチャリンコがベストですね。マルゲリータとストロンボリ食べにいきます!
Unknown (ハリー)
2016-10-14 06:37:37
ゲンゴロウさん、こんにちは。

最近は薪釜を設置する店が当たり前になり、ピザのレベルが飛躍的に上がって
本格的になりましたよね(←と言っても本場には行った事が無いのですが・笑)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。