KD

kd

アンディ-マレー5

2017-06-18 16:47:09 | 日記




2008年全米オープンにて
2008年のシーズンに入り、マレーは5つのシングルス優勝を加えた。ウィンブルドンでは初めて準々決勝に駒を進めたが、ナダルに 3-6, 2-6, 4-6 のストレートで完敗した。ウィンブルドン終了後、7月末の「シンシナティ-マスターズ」決勝でノバク-ジョコビッチを破り、ATPマスターズシリーズ初優勝を達成。全米オープンでは第6シードとして勝ち進み、準決勝でナダルを 6-2, 7-6, 4-6, 6-4 で破って決勝進出を決めた。初進出の決勝戦では、第2シードのロジャー-フェデラーに 2-6, 5-7, 2-6 で敗れて準優勝になった。その後10月に2週連続優勝がある。

2009年のウィンブルドンで、マレーは地元の期待を背負いながら初の準決勝に進出したが、第6シードのアンディ-ロディックに 4-6, 6-4, 6-7(7-9), 6-7(5-7) で敗れて決勝進出を逃した。同年8月17日付の男子ツアーシングルス世界ランキングで、マレーは初めて「2位」にランクされ、両膝の故障で戦線を離脱していたラファエル-ナダルを抜いた。しかし、前年度に準優勝の成績を出した全米オープンでは4回戦でマリン-チリッチ(クロアチア)に敗れ、ここでいったん世界ランキングが後退した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森保洋1 | トップ | 小杉光正1 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。