ヴァイオリンとフルートのRio

69歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

日本人は靖国神社を参拝してはいけない

2013年12月28日 11時55分06秒 | その他
 安倍首相の突然の靖国神社参拝は日本の社会でも驚きをもって受け止められました。当然ながら、中国、韓国は反発し、日本政府宛に抗議を行ないました。今後、新たな行動を起こすことも予想されます。

 中国、韓国が靖国神社参拝を問題視する理由は、靖国神社に東条首相他の戦犯が合祀されている点と聞きます。240万柱を超える戦没者のうちに、A級戦犯14名が含まれていると言う、ごく僅かの割合に過ぎない事象が、まるで反社会勢力の言いがかりの対象のような事になっています。

 靖国神社には年間500万人とも600万人ともいえる参拝者があり、大半は日本人と思いますから、中国、韓国風に考えるなら、一般的な日本人が、今次大戦の反省の欠如を含めて歴史認識を大いに誤っていることになります。

 ただ、不思議なことに、一般の日本人が参拝することについて、中国、韓国の公式な批難は見たことがありません。思い切って、「日本人は靖国神社を参拝してはいけない」とか、「靖国神社を廃止すべきである」とでも言って見たら、それなりに主張が一貫するのではと思います。日本国内でも賛同する人が何パーセントかは居るかも知れません。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

獺祭 純米大吟醸 寒造早槽48

2013年12月12日 21時15分22秒 | その他
 かわうそのまつりと書いて「だっさい」と読ませる酒が流行っています。私は昨年、知人からの年賀状に書いてあったのを見て初めて知りました。高いものでは720mlで36,750円まであるそうですから、外で飲んだらどれくらい払わされるのでしょう。

 名前の由来は、醸造元の旭酒造のある地域が「獺越」という地名であるからではないかと思います。この山口県の醸造元は、以前はあまり有名ではなかったと思います。

 この度、出先で見かけたために購入し、早速飲んでみましたところ、生酒であるために生特有の香りもありますが、吟醸香は勿論あり、味もしっかりしていて、私のように食べながら飲む食中酒に向きます。値段は720mlで1,648円、純米大吟醸としてはまあまあと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

補聴器

2013年12月07日 16時43分32秒 | その他
 家族の者が補聴器を購入することになり、機種の選定を行ないました。今までは新聞広告を見て購入した耳栓式の器具やミュージックプレイヤーに似たものを使っていましたが、使い勝手が良いとは言えず、不便な思いをしていました。

 今回購入することにしたのはデンマーク製で耳かけ式、あまり小さいものではなくほどほどの大きさのものです。見た目には同じで値段が異なる3タイプがあり、真ん中のタイプで両耳のお値段が、40万円を超えます。(私の趣味であるヴァイオリンとフルートの場合であれば、40万円なら決して驚きませんが。)

 以前に使っていたタイプは数千円から2万円程度まででしたからかなりの差です。小さい器具の割にはちょっとしたパソコン並みの能力を備えているのだそうで、デンマーク製と言えば、オルトフォンやB&Oのオーディオ機器は高価でしたから、その連想からはこの値段は頷けないこともありません。

 3タイプで値段が異なるのはチャンネル数の違いだそうで、周波数帯域を幾つに分けて補正するかによって、聞こえ方が違うとの事です。因みにチャンネル数はタイプにより、5、10、15と違うそうです。グラフィックイコライザーの場合とくらべれば10くらいならまあまあなのかなとも思います。

 性能は、本人でないので直接の確認はできませんが、試着用の補聴器を装着した途端、近くで卓上の何かが倒れたのに即座に反応しましたから、良く聞こえるようになっているようです。

 なお、補聴器はメガネと同様、医療保険の対象とはならないのだそうで。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防空識別圏

2013年12月01日 09時50分13秒 | その他
 無法の国がまたやってくれました。「盗人にも三分の理」があてはまるのかどうか分かりませんが、尖閣諸島を領土と主張しているのであれば、その上空は領空であるし、その周辺に防空識別圏を設定するのには一応の一貫性があります。ただ、今まで主張しなかったのは、領土と思っていなかったせいなのか、それとも日本を恐れていたためなのか、どうなんでしょうね。

 
 中国が新たに設定した防空識別圏に関して、日本政府は民間航空会社に対し、事前に飛行計画を提出しないよう求めましたが、米国政府は提出するよう求めるとの話が持ち上がっています。従った国と従わない国があると、彼の国が取る対応に差が生じるかも。民間航空機がロシアの戦闘機によって撃墜された大韓航空機の例もありますから、民間航空機だから安全とは言い切れません。

 米国は、軍用機に関しては従前の通りとし言いつつ、自国の民間航空機に関してのみ防空識別圏を認めたような形を取って、中国のメンツに配慮したのかも知れません。とすると日本政府は狡猾さが乏しいですね。中国がスクランブルをかけたと報道している点も、たとえ嘘と知っていても認めてやった方が無知な人に対する寛容さかも知れません。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加