ヴァイオリンとフルートのRio

69歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

民主党政権の最期

2011年08月26日 22時00分18秒 | その他
 民主党代表選の立候補者がほぼ揃ったようですが、民主党内部では誰が誰を推すのかが問題のようですね。

 実質的に次の総理を選ぶのに等しい訳ですから重要な選択です。代表選の立候補者は意欲、見識、能力が備わった人であるべきですが、そこは大人の社会ですから、担ぎやすい人でなければならないようです。優秀で主義主張が明確だと担ぎ手の意図から離れて行動するから困るのでしょう。

 国をどういう方向に導いて行くのかではなく、担ぎ手の意向をよく聞いてくれる人でなければ総理にはなれないのが政治の実態です。

 民主党内には、この期に及んでもなお、政治主導とかマニフェストの遵守にこだわる人が居るようです。既に失敗して否定されたことが明らかな、このようなお題目を引き続き唱えるとは、何と太い神経の持ち主と言うべきか、それとも脳ミソの足りなさというべきでしょうか。

 もしも、そのような観念に固執する大物氏が議員の投票行動を左右し、国民の期待を裏切ることになれば、大物氏並びに従った議員もリスト化して記憶し、次の選挙では必ず落選させるべきで、それこそが国民の正当な権利の行使と言えるでしょう。

 仮に心ある議員が行動を起こして国民の期待に応えることが可能になれば、民主党にも救いがあるというものです。民主党が次の選挙で消えないよう願うのであれば、ポケットの隅にあるかも知れない良識を探しだして来て、たまには使って見ることです。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

製パン王キム・タック

2011年08月24日 22時09分24秒 | その他
 俳優がテレビ局の韓流ドラマ偏重について意見を述べたそうです。そこで試しに見たのがこのドラマです。最終回まで見ましたが、なかなかイケるではないですか。

 韓国の俳優さんの容貌が日本人と区別がつかないので、親近感が沸く上、演技のレベルも高く、多分、人件費の関係で製作費が安いでしょうから、日本のテレビ会社にとってコストメリットがあるのでしょう。

 日本で単純労働に外国人を雇うことは原則禁止されていて、実際に見聞きするケースの大半は違法就労です。しかし、韓国や中国などの外国で製作されたドラマを買うのは問題が無い筈ですし、テレビのコマーシャルだって、これらの国で作れそうですね。工業製品を海外生産するのと同じです。

 さて本題ですが、韓国の社会の様子がうかがえるドラマです。主人公は大きな食品会社の会長の長男ですが、婚外子であるため、会長が家に入れようとするのを、会長夫人や次男が妨害し、会長夫人の指示を受けた秘書室長が暗躍して、いろいろと事件が起こります。

 会長夫人が会社の役員でもあるのは、日本の大会社では珍しいと思います。もっとも、この会社では会長一族が半数以上の株を所有している、言わば個人企業です。秘書室長が会長夫人の指示とは言え、会長の家族の問題に介入することも、日本ならあまり無いでしょうね。秘書室長が人相の悪い人達を使い、非合法的手段で事を進めようとするのも、何やら懐かしい気さえします。

 私が在職した会社では、社長に近いと言われる部署では社長夫人を奥様と呼んでいて、そんな人達が編集した社内報の記事中、社長夫人のことを「奥様」と記述してあったのには驚かされました。絶対に「社長夫人」と書くべきです。会社の後進性、意外なところでバレますね。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終戦記念日(続き)

2011年08月18日 22時12分15秒 | その他
 駅弁のかにめしで有名な北海道長万部町の「まんべくん」が「日本の侵略戦争が全てのはじまり」とつぶやいたことが話題になりました。

 話題になった「日本の侵略戦争」を肯定する人も、また、真っ向から反論する人も居ることと思います。

 かつて会社でこのような話題になったとき、比較的若い年代の人達は、日本が行なった戦争を侵略戦争であったと理解して疑わないことを知り、驚いたことがあります。恐らく白髪三千丈の国の主張を無批判に受け入れたものと想像されます。

 勿論、日本が進出した先の一般民衆にとって、戦争は迷惑極まりない行為であり、好ましくない行為もあったと思います。かと言って、当時の日本が置かれた状況により、やむにやまれず戦争を開始した面は否定できませんから、100%の侵略意図であったと見るのはいかがなものかと思います。

 戦争を開始した日本の指導者に直接の責任があるとしても、日本が暴発するよう巧みに誘導した諸外国の外交政策も責められるべきと思います。

 この戦争は東南アジアの幾つかの国が独立するきっかけにもなりましたし、私の父親が兵隊として行った国では、一般民衆に迷惑をかけないよう、また、仏教寺院に敬意を払うよう命令されていたと聞いています。

 仮に日本が行った戦争が侵略目的であったとすると、靖国神社に祭られた方々、即ち戦没者の方々は、悪いことに加担して亡くなったと言うことになりかねませんね。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終戦記念日

2011年08月15日 15時44分51秒 | その他
 昭和20年の8月15日は、昭和天皇の玉音放送により、日本の降伏が国民に知らされた日です。支那事変(日中戦争)開始から大東亜戦争(太平洋戦争)終結までの年月は約8年です。

 私は戦後生まれですが、両親は大正生まれで、成人になる前後を戦時下ですごした年代です。

 その当時について、両親に聞いたところでは、・・・。

 父親は大学在学中、繰上げ卒業による学徒動員で南方に行き、途中で病気が再発したために幸いにも帰国できました。けれども仲間のほとんどは無謀な作戦に従事させられ、帰れなかったそうです。帰国後は、療養を経て、終戦の年には都内の部隊に入り、空襲による焼け跡の片付けや、防火帯を作るための住宅の取り壊しに従事したそうです。

 母親は郊外に居住して何度か空襲に遭い、年の離れた妹は下校時に機銃掃射も体験したそうです。食料が配給制で乏しい上に、質も悪かったそうです。統制外のヤミの食糧を食べずに、ある裁判官が餓死した話もこの頃だそうです。一般の人はヤミの食糧を必至で探すほか、庭で野菜を育てたり、近在の農家に野菜を分けて貰いに行くことも何度かあったそうで、野菜の代金代わりに着物を置いて来るというタケノコ生活もこの頃の話です。

 今では、こうして綴って見ても、とても現実のものとは思えない話です。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外れた

2011年08月13日 11時57分09秒 | その他
 震災復興宝くじは順当な結果(=外れ)でした。オールドは夢のまた夢のようです。

 ところで、オールドのヴァイオリンは幾らくらいするのかですが。

 ネット上で、専門店のホームページを眺めても、オールドの値段は明記されてないのが普通です。見積もりが必要な商売ならいざ知らず、困りものですね。

 専門店の草分けとして知られているミュージックプラザさんのホームページでは、ストラディヴァリ、アマティ、ガルネリの超スターを除いて値段が表示されており、1500万円から3000万円というところらしいです。ということで、宝くじの1等賞金で買えるのではと踏んだのです。

 この値段についてですが、モダンでも1000万円以上の値段を見聞きするので、モダンとオールドは価格帯が重複するようで、同じことが新作とモダンの場合でもあるようです。

 楽器の値段がどのように決まるのか分かりませんが、少なくとも年代と品質の二つが要因であるようですから、やみくもに古いものを求めるよりも、質の良いものを探すべきなのでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加