ヴァイオリンとフルートのRio

69歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

皇籍離脱の回避

2017年05月20日 20時08分17秒 | その他
 眞子様の御婚約内定に関連して、「皇籍離脱を惜しむ声が」との報道があります。左寄りとも言われるメディアから流されているのにも驚きますが、大いに賛成、恐らく異論は少ないと思います。国民の総意は実はこう言うものであると思います。

 残念ながら皇室に関する定めはとても古臭く、結婚すれば皇族の身分を剥奪し、出て行けと言うのが決まり。女性が天皇になれないのと同様、差別的な仕組みが厳然と生きていて、なかなか改められません。

 天皇家の私的行事である宮中祭祀は神道の行事。昔の天皇は国の政治や神道の頂点にありました。神道で女性差別が行なわれる事は珍しくないので、女性皇族への差別的制度も当然であったのでしょう。女性皇族が公的に活動される事さえ苦々しく思っている人が居る可能性も否定できません。

 この際、皇室に関する論議を行なうメンバーは、現行憲法の意味を十分に理解している人達に限るべきで、そうすれば女性皇族の活躍の場も今以上に広がるし、今の社会にふさわしい皇室の在り方を探る事も可能になると思います。


《コメントを下さる方々へのお願い》
 コメントを下さる方は、恐れ入りますがご自身のブログのURLをご記入下さい。
 お考えとあまりに違うご返事を差し上げるのは失礼になると思いますので、ブログを拝見してどのようなお考えの方かを私なりに理解した上でご返事を書きます。悪しからず。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校史切り取りの目的 | トップ | 非礼な皇室専門家 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む