ヴァイオリンとフルートのRio

69歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

オペラのアリアを楽器の発表会用に

2016年09月15日 23時16分04秒 | 音楽
 フルート発表会用の曲(3)として書き始めたら、フルートには限らないと気が付いて見出しを変えました。そうは言ってもまずはフルートを想定しています。勿論ヴァイオリンでも可能。

 オペラのアリアの歌い手は性別、音域も様々ですが、一般的にはソプラノが多いように思います。幸いにソプラノの音域はフルートとほぼ同じくらいなので、フルートやヴァイオリンで演奏する上で都合がよいと思います。

 例えば魔笛の「夜の女王のアリア」はフルート名曲集で見かけた事があります。ジュナンと言う作曲家が編曲した作品もいろいろありますが、原曲よりも難しくなっていて少々困りますね。

 取りあえず見つけた椿姫の第一幕の歌とピアノの楽譜を眺めています。オペラの場合、コレペティトールが使うピアノ伴奏譜は必ず有ると思います。「ああそはかの人か」、「花から花へ」を適当に編集できたらなんて考えています。原曲の雰囲気を楽器で忠実に再現するのは難しいとしても、指が回るかどうかと言う点では私でも取り組めそうな気がしています。


《コメントを下さる方々へのお願い》
コメントを下さる方は、ご自身のブログのURLをご記入下さい。
お考えとあまりに違うご返事を差し上げるのは失礼になると思いますので、ブログを拝見してどのようなお考えの方かを私なりに理解した上でご返事を書きます。悪しからず。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わらびワラビ蕨 | トップ | 豊洲市場移転 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む