ヴァイオリンとフルートのRio

69歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

カウントダウン始まりか

2017年04月29日 17時53分23秒 | その他
 またもや何か飛ばして失敗したらしい。朝6時前にテレビがONになるようセットしてありましたので第一報を聞きましたが、もしも日本を狙ったのであればタイミング的にはとっくに着弾している筈。敵は日本の役所が活動する時間帯以外でも活動します。

 中距離弾道ミサイルのようであったため米国本土には届きませんが、周辺国には十分届きます。少し前に米国が大陸間弾道弾の実験を行っていますから、安保理決議違反はともかく、米国の実験への対抗と言う事が一応成り立ちます。

 しかし次に飛ばしたら、北が単独で突出して行なう事になります。万一、米国に届く性能のものであれば、米国に対する脅威になり、米国が単独で行動を起こす根拠を与えますので、自滅の第一歩になりかねません。

 ところで北は近づきつつある米国の空母に対抗する手段があるような事を言っています。普通なら潜水艦での待ち伏せが考えられますが、米空母は派遣が決まってからわざとゆったり行動していますから、北の潜水艦が直ちに出航したとすれば隠れているうちに息が切れたのではないかな。

 旧日本軍の「震洋」のようなベニア板製のモーターボートで特攻的に攻撃する可能性は否定できませんが、活動場所は北の近海に限られ、長期間洋上で待機するのは物理的に無理があります。韓国でモーターボートを入手して爆弾を積む、これが一番現実的かも知れません。性能重視で日本製が選ばれたら笑えます。

 安保理外相級会合で、中国の王毅外相は北朝鮮に核兵器と弾道ミサイルの保有をやめさせる代わりに米韓合同演習をやめるべきと言ったように思いますが、北が物資の見返りの無いこの程度の話に同意する筈はありませんので、中国の説得もあまりあてにはなりません。


《コメントを下さる方々へのお願い》
 コメントを下さる方は、恐れ入りますがご自身のブログのURLをご記入下さい。
 お考えとあまりに違うご返事を差し上げるのは失礼になると思いますので、ブログを拝見してどのようなお考えの方かを私なりに理解した上でご返事を書きます。悪しからず。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 首を取る必要があったか | トップ | 椿姫のアリア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事