ヴァイオリンとフルートのRio

68歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

韓国の刑務所は日本と似ている

2016年10月19日 21時11分45秒 | その他
 韓流ドラマ「伝説の魔女~愛を届けるベーカリー」で気付いた事があります。

 主人公が服役する韓国女子刑務所の様子を見ていましたら、雑居房の廊下の風景をどこかで見た記憶が有ります。私はそちらの方面でお世話になった事は無いので不思議に思いましたが。

 ようやく思い出しました。今は観光名所となっている旧網走監獄。網走に行った事はありますが監獄には行った事がありませんので、印刷物で見たものと思います。建物は二階建てで廊下が吹き抜け構造。手前から奥に向かって各房が並んでいます。天井を伝わって脱獄しようとする人形付きの写真の場合も確かありました。

 ここで脱線。監獄と言う呼び名は今は無く、もっと前は集治監(しゅうじかん)と呼ばれていました。監獄の時代は関連法規を監獄法と言い、囚人を監督する人を獄卒と呼んでいました。獄卒って確か地獄の鬼の事も指します。この項は法学部出身の父親が話していた内容の受け売り。なお現在は囚人を監督する人は刑務官と呼ばれます。

 ついでに、被収容者は番号で呼ばれる事になっていて、これもかつての日本と同様。最近の日本では番号プラス苗字で呼ぶ事になったとの事。

 韓国の刑務所が日本の刑務所に似ているのは、歴史的に日本の行政の仕組みが取り入れられた経緯があるからと思います。わが親戚にも戦前、朝鮮の裁判所に勤務した者が居ました。

 日本が統治する以前の大韓帝国は行政の機能が不十分であったのを、日本が近代的な行政を持ち込んで改善したと聞きますが、韓国の方々はこれに感謝するどころか、日本の侵略であったと言って聞きません。こちらが仲良くしようとしてもブレーキが自然にかかります。


《コメントを下さる方々へのお願い》
 コメントを下さる方は、恐れ入りますがご自身のブログのURLをご記入下さい。
 お考えとあまりに違うご返事を差し上げるのは失礼になると思いますので、ブログを拝見してどのようなお考えの方かを私なりに理解した上でご返事を書きます。悪しからず。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働時間の決まり(番外編) | トップ | 大嘗祭とは何か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む