ヴァイオリンとフルートのRio

69歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

ヴァイオリン献上

2017年08月10日 20時35分53秒 | ヴァイオリン
 球技などで味方のミスで敵に点をわざわざ与える意味かのように使われる献上。本来は相手がかなり目上の場合に使われます。言わば「上げる」の最上級。

 所有していた国産新作を専門家に提供する事になりました。この専門家は著名なオールドをお持ちで、それとは別に新たなジャンルで使う楽器をお探しになっていました。

 オールドはフルサイズになってからのご使用のようで、一般人なら量産品のマシなクラスか、フレンチやジャーマンの古くてお値打ち品を求めるかと思いますが、そこはやはり違います。

 ここで道草。音大の先生が学生にイタリアンをすすめたがると言う話があるやに聞きます。その理由、音大の先生はイタリアン以外の楽器を良く知らないからではないかと言う気がして来ました。音大の先生は専門家の中でもトップクラスに位置すると思いますが、多分、アマチュアが手がけるようなランクの楽器に詳しくはないものと思います。生徒さんの楽器を数多く見られている教室の先生は詳しいと思いますが。

 ともあれその専門家に私のヴァイオリンを弾いて頂くと、私が弾いたときとは雲泥の差。音色音量共にとても豊かで、私の耳にはコンチェルトのソロに使っても全く支障が無いのではと思えるほど。

 この楽器は出来上がった当初から音色が柔らかく他の楽器と違うため、私はヴァイオリンらしくない音色ではないかとさえ思いました。お店の担当者(現在は都内で教室を主宰されています。)の意見も頂いて購入した次第。

 なお欠点ではありませんが、高光沢であるために傷が付くと目立ちやすく、取扱いにとても注意を払う必要があります。そのため私は専ら家で使い、教室に行く際には別の半艶でセミオールド仕上げの楽器を使っていました。


《コメントを下さる方々へのお願い》
 コメントを下さる方は、恐れ入りますがご自身のブログのURLをご記入下さい。
 お考えとあまりに違うご返事を差し上げるのは失礼になると思いますので、ブログを拝見してどのようなお考えの方かを私なりに理解した上でご返事を書きます。悪しからず。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 内閣支持率 | トップ | 歯には歯を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む