ヴァイオリンとフルートのRio

69歳、ヴァイオリンとフルートに取り組んでいます。

ロンド風ガボット練習中

2017年07月11日 21時37分19秒 | フルート
 発表会で吹く曲を練習しています。曲は昨年ブログで紹介したバッハのロンド風ガボット、バッハのヴァイオリンのための無伴奏パルティータ第3番の第3曲で、CMでよく使われますから、聞けば「あゝ」と思う人が多いと思います。

 ヴァイオリンを習っていますので楽譜なら持って居ます。購入した際にやけに分厚いと思ったら、後半に自筆譜のファクシミリ版まで収録されているため。

 原調はシャープ四つのホ長調でH管ならこのままでも吹けますが、C管でも吹きやすいヘ長調に移調しました。シャープ四つよりフラット一つの方が見やすいからと言う理由。

 バッハの自筆譜にはスラーのみが書いてあり、強弱記号はありませんので、前にも言ったようにクライスラーの編曲を参考にしました。IMSLPで見る事ができます。重音の箇所はとりあえず高音のみを拾って吹くことにします。

 クライススラーはピアノ伴奏で演奏できるように編曲しているので、そのような演奏も可能になっています。今回はピアノ合わせに間に合わなかったため、やむなくフルートソロで吹くことにします。


《コメントを下さる方々へのお願い》
 コメントを下さる方は、恐れ入りますがご自身のブログのURLをご記入下さい。
 お考えとあまりに違うご返事を差し上げるのは失礼になると思いますので、ブログを拝見してどのようなお考えの方かを私なりに理解した上でご返事を書きます。悪しからず。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログへにほんブログ村
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池ファーストが圧勝 | トップ | プエラリア・ミリフィカ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フルート」カテゴリの最新記事