野口和彦(県女)のブログへようこそ

私が大学で担当する授業やゼミナールの情報、研究に関する雑感などを掲載したいと思います。

中国の戦略行動と攻撃的リアリズム

2018年02月07日 | 研究活動
私の恩師である天児慧先生の早稲田大学退職を記念して、教えを受けた天児組の「弟子」たちが、先生への感謝の気持ちを込めた論文集を刊行しました。早稲田大学アジア太平洋研究センター『アジア太平洋討究』(天児慧教授退職記念号)第30号、2018年1月です。編集の労は、平川幸子氏がとってくださいました。ありがとうございました。

本号に、私は拙稿「中国の安全保障政策におけるパワーと覇権追求―攻撃的リアリズムからのアプローチ―」を寄稿しました。昨年の夏季休暇を使い、天児先生の学恩に報いようとの気持ちで、ヘロヘロになりながらも一所懸命に執筆しました。なお、拙稿は早稲田大学リポジトリにおいて、近いうちに公開される予定です。

天児先生との出会いは、「野球」でした(先生の野球愛は有名)。約25年も前になります。青山学院大学の野球練習場でナイターをやるというので、私は当時、非常勤講師を務めていた群馬の私立大学で講義を終え、そのまま東京の青山まで野球に駆け付けました。その後、しばらくは天児大投手の「へぼ」キャッチャーとして、バッテリーを組ませていただきました。天児投手の決め球は、「スライダー」。右打者の外角低めに決まった時は、まず打たれませんでした。

閑話休題。

天児先生は、ご自身の集大成として、『中国政治の社会態制』岩波書店、2018年を出版されました。実に、25冊めの単著です!




本書の主な主張の1つは、欧米でつくられた社会科学の分析枠組みによる中国政治の説明に対する警鐘です。他方、拙稿は米国の学者が構築した理論による中国の戦略行動の分析です。つまり、「師匠」の主張に真っ向から対立する「論文」を恩師の退職記念の論収集に寄せたことになります。「私はそもそも若者と語り合い、議論することが大好き」(前掲書、291ページ)な先生だからこそ、論争的な研究を許してくださったと私は信じています(もう若者ではありませんが、苦笑)。

「人を育てる」ということは、多感な青年期の人間の心にどれだけ寄り添って、彼らの研究や将来についてサポートしていけるかということだろう(290-291ページ)。

至言です。「こいつはバカだから」と言いながら(25冊も単著を書く学者からすれば、ほとんど全ての「弟子」はバカでしょうね(笑)、公私にわたり、いつも温かなご支援を与えてくださった天児先生に、心から感謝申し上げます。

この記事をはてなブックマークに追加

博士と教授の実態

2018年02月04日 | 日記
ある調査によると、小学生男子がなりたい職業の第1位は、「学者・博士」のようです。確かに、メディアには、学者を肩書にする人物がしばしば登場して、さまざまな社会問題にコメントをよせたり、意見を発したりしています。優れた研究成果を残した学者は、社会から高い尊敬を集めます。こうしたことから、小学生が「学者・博士」に憧れても、不思議ではありません。

私は小学生の「夢」を壊したいと思いませんが、「学者・博士」の実態が、どれだけ世間で理解されているのか、とても気になっています。おそらく、ほとんど理解されてないのでしょう。

第1に、博士号を取得しても、大学で学問を生業にできる研究者は、ごく一部です。ある教育社会学者によれば、大学教員のポストは、今や博士14人に1人です。とても狭き門をくぐらないと、大学教授にはなれません。一生涯「フリーター」の博士は珍しくないといったら、多くの人達は驚くでしょう。しかし、これが実態なのです。

第2に、大学教員の最高位である教授は、世の中の多くの人がイメージするほど、給与が高くありません。大学教授(60歳)の平均年収は、大手企業の課長クラスと指摘されています。しかも、大学教員の就職は、一般企業や公務員より、はるかに遅い。博士号を取得するまでに時間がかかり、さらに、専任教員や研究員のポストを得るための「就活期間」も決して短くありません。30歳代半ばから40歳前後といったところでしょう。20歳代で正職がみつかる学者は、そうとうな幸運に恵まれいます。したがって、生涯賃金は、大手企業のビジネスパーソンに比べると、さらに下がります。さらに、多くの「学者」は、大学院時代に受けていた奨学金を返済しなければなりません。

運良く大学教員のポストを得たとしても、その仕事の実際はどうでしょうか。興味のある人は、櫻田大造『大学教員採用・人事のカラクリ』中公新書、2011年を読んで下さい。

キャリア教育は、今では子どもの時からから行われています。果たして、「職業としての学問」は、どのくらい小学生に教えられているのでしょうか。





この記事をはてなブックマークに追加

失敗しないスキーマテリアルの選び方

2017年12月22日 | スポーツ
2017-2018年の本格的なスキーシーズンが始まりました!今シーズンのはじめは、例年より早くオープンしたスキー場があったためでしょうか、私が初滑りで行ったところは、昨年より空いていました。おかげで、初滑りをのびのびと楽しむことができました。

ところで、皆さんは、スキーマテリアルをどのように選んでいますか。スキーの板を買い替えるとしましょう。どのメーカも自社製品が優れていることをアピールします。また、ネット上には、さまざまな数多くのレビューが掲載されています。スキーヤーは、いったい何を基準にして、スキー板を選べばよいのでしょうか。迷ってしまいますよね。

私が勧める方法は、試乗することです。実際に、スキー場で試し履きをして滑ってみることにより、その板が自分に合っているかどうかを身体で確認できるからです。確かに、ネット上の板に対する評価やスキーに詳しい人からのアドバイスも参考になるでしょうが、スキー板の性能と自分の滑りがマッチするかは、ゲレンデで使ってみた方が判断しやすいでしょう。そうすれば、ミスチョイスも少なくなります。

昨シーズン、同じくらいのスキー技術を持つ仲間とスキーに行った際、板を交換して滑ったことがありました。驚くことに、私は仲間の板では上手く滑れませんでした。仲間も私の板では上手く滑れませんでした。同じ位のレベルを対象にしたスキー板でも、メーカーやモデルによって性能が違います。同じレベルのスキーヤーでも、滑り方は違います。スキーを十分に楽しむには、板の性能が乗り手の滑り方とマッチしなければなりません。

私は数シーズン前から、新しいスキー板に買い替える際は、必ずレンタルなどで試し履きをしてから購入するようにしています。その結果、板と滑りのミスマッチがなくなりました。それ以前は、正直に申し上げると、買って後悔することが少なからずありました。

スキーマテリアルは、決して安くはありません。だからこそ、ミスマッチは防ぎたいですよね。自分に合った道具を手に入れて、スキーを思いっきり楽しみましょう。

この記事をはてなブックマークに追加

卒業論文を書こう!

2017年11月01日 | 教育活動
学部生にとって、卒業論文を書くことは、とてもたいへんな作業のようです。私も拙い雑文を仕上げるのには、毎回、かなり苦労をします。そもそも「書く」という営為は、1つの大きな「仕事」といってよいかもしれません。大ベストセラー『論文の書き方』(岩波書店、1959年)の著者である清水幾太郎氏でさえ、こう言っているほどです。



「書くという働きに必要なエネルギーは、読むという働きに必要なエネルギーを遥かに凌駕する…精神の戦闘的な姿勢がなければ、小さな文章でも書くことは出来ない」(同書、6ページ)。

名文家である清水氏に、こう言わせるくらいですから、大学生が1万字を超える卒論を執筆するのに、四苦八苦するのは容易に理解できます。幸い、近年では、「論文執筆マニュアル」とも言ってよいような、卒論執筆のイロハを懇切丁寧に解説する指南書がありますので、学生たちは、そうしたものを大いに利用するとよいでしょう(その後に『論文の書き方』を読むとよいかもしれません)。

私はゼミ生の卒論指導で、酒井聡樹『これからレポート・卒論を書く若者のために(第2版)』共立出版、2017年を使っています。例文を豊富に使いながら、分かりやすい語りかける文章で、論文の書き方を丁寧に教示する良いテキストです。



この本は理系の「進化生態学」をご専門とする先生が書かれていますが、文系の社会科学の論文執筆にも役立ちます。そもそも理系も社会科学系も、同じ科学の範疇にはいるのですから、共通するところが多いのは当然でしょう。卒論執筆で行き詰まったり悩んだりしている学生は、この図書に助けてもらってはいかがでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

もうスキーシーズン⁉

2017年10月10日 | スポーツ
2017-2018年のスキーシーズンが始まったと言ってよいでしょうか。あるスキー場がオープンしました。富士山の麓にあるイエティです。例年より早いオープンですね。神奈川在住時、私は例年、10月中旬頃、イエティのナイタースキーでシーズンインでした。

今シーズンは、板のチューンナップがまだ終わっていないこともあり、11月になってから、軽井沢プリンスホテルスキー場で、シーズンをスタートする予定です。

シーズンオフには、最近、とてもお気に入りのヘンリック・クリストファーセン(アルペンスキーヤー)の滑走を動画で何度も見て、イメージトレーニングはバッチリ!後は、実践で「脳」と「身体」を連動させるだけです(毎年、同じことを言っているような…苦笑)。

この記事をはてなブックマークに追加