屋上果樹園ブログ

家庭の屋上で多種類の果樹を栽培しています
鉢植すれば、果樹栽培を身近に楽しめます
樹上で完熟した果実の味は格別です

作業日記(29.6月~)

2017-07-27 18:42:32 | 作業日記

7月27日
 ネクタリンのヒラツカレッドが完熟しました。
 甘酸っぱくジューシーで美味です。
 樹上で完熟させるので、本当のうまさが味わえます。

  
  ヒラツカレッド


    
    同上


  
  桃(なつおとめ)


    
    ブドウ(紅伊豆):
     美味しいブドウだが、実が軸から取れやすいので
     流通経路には乗せられません。
     このような品種は家庭栽培するしか味わえません。


  
  リンゴ(青林):
   数年前に友人に穂木をもらい、接ぎ木して栽培
   今年初めて結実しました。味見するのが楽しみです。


7月25日
 果樹を鉢で栽培すると、糖度が地植えより高くなります。
 市販の果物は、完熟してから流通経路に乗せる訳にはいきません。
 完熟する前に収穫してしまうので、本当の美味しさは味わえません。

  鉢栽培なので数を生らすことはできませんが、味は市販の
  ものより美味です。

  
  桃(あかつきエクセラ)


    
    完熟したあかつきの糖度は22.8度
      市販のものよりはるかに甘い


  
  ブドウ(巨峰):段々に色付いて大きくなってきました

  
    
    ブドウ(黄玉):完熟すると激甘になります

 
  
  ブドウ虫の侵入で枝が枯れてしまった
   ブドウ虫はブドウ栽培の最大の障害です

7月22日
 今年はコガネムシの発生が多いです。
 成虫がいるということは、卵を産み付けられ恐れがあります。

  地植えはコガネムシの幼虫の被害は軽微ですが、鉢植えでは
  細根を食害されて枯れる危険性が大です。

  
  ブドウの葉がコガネムシの食害を受けた


    
    先日仕掛けたコガネムシ・トラップは効果が無かった
     改めてレシピを見直し、ペットボトルもコガネムシが好む
     というブルーにしてみた


  
  ブドウ(藤稔):プロのようには粒がきれいに揃わない


    
    洋梨(レクチェ)


  
  リンゴ(アルプス乙女):鳥に食べられるのでネットをかけた


7月20日
 実が付いてから収穫までの期間の最も長いのがリンゴで、
 最も短いのがサクランボです。

  サクランボ栽培が最も魅力的ですが、あっという間に収穫が
  終わってしまいました。

  
  リンゴ(つがる):段々に大きくなってきました


    
    桃(桃紅):完熟まではもう少し


  
  梨(豊水):外観、香りでは完熟度が全く分からない


    
    ブドウ(ゴルビー):大実になるブドウ


  
  プラム(大石早生):完熟すると赤く色づきます


7月17日
 コガネムシトラップという商品があります。
 フェロモンを使ってコガネムシを捕捉する理屈です。
 全ての種類のコガネムシに有効ではないので、使い方は
 やや面倒です。それならばと、トラップを自作してみました。

  
  コガネムシ・トラップを天井から吊るしてみた
   コガネムシは夜行性なので翌朝に効果を確認してみます


    
    プラム(貴陽):市販のもののように大きくならない
             実を付け過ぎかも?


  
  桃(美郷):もうすぐ完熟


7月16日
 植え替えをしていて、コガネムシの幼虫と成虫になったばかりを、
 鉢の中に多数見つけてしまいました。
 地植えでは被害が軽いが、鉢植えでは発見が遅れると細根を全て
 食い荒らされて枯れてしまいます。

  鉢栽培では恐ろしい害虫です。
  対策としてコガネムシトラップを調べてみましたが、効果がはっきり
  しないので、自家製のトラップを作成予定です。

  
  ブルーベリーの根が殆んど無くなっている


    
    細根は全て食われてしまった


  
  桃(なつおとめ):完熟までもう少し


    
    ブドウ(安芸クイーン)


  
  ブドウ(キャンベルスアーリー)

  
7月15日
 桃のお気に入りの品種の桃夭が完熟しました。収穫するまで
 相当に気を使いました。
 糖度20度位です。
 
  一般に桃の糖度は11~14度位で、16度を超えると甘い
  美味しい桃と評価されるようです。
  この桃は少し硬めで、独特の風味がありとても美味しいです。

  
  桃(桃夭)が完熟しました:糖度がけた違いに高く美味


    
    桃(あかつきエクセラ):完熟までもう少し


  
  BB(パトリオット):味がSH系のサウスムーンに次いでとても
    美味しいBBです、残念ながら我が家では大きく育たない


7月13日
 果樹は種類により、早生と晩生の品種があるので、上手に
 組み合わせれば長期間収穫を楽しむことができます。

  ブルーベリーでは、早生のSH系、NH系から始まり晩生のRE系
  まで2か月間位は収穫できます。

   
  桃(桃夭):お気に入りの品種だが栽培は難しい
         今のところは生育は順調


    
    プラム(アームストロング):濃い紫色になれば完熟


  
  ネクタリン(ヒラツカレッド):完熟まではまだまだ


    
    ブドウ(巨峰):色づき始めた、左は日除けの傘


7月12日


ブドウの日除け



リンゴ(ふじ)



プラム(ソルダム)



BB(ミスティー)


7月 8日
 南向きの日照の良い場所のブドウが日焼けして
 しまいました。
 日焼け用の傘を通販で注文しました。

  ブルーベリーには多数の品種があります。
  味が良いのはSH系のサウスムーン、NH系のパトリオット
  です。
  味の良さ、実の大きさ、収穫量、収穫期間等の総合点では
  ダローがベストです。

  
  ブドウの日焼け


    
    プラム(貴陽)


  
  洋梨(バラード)


    
    BB(ダロー):総合評価でベスト


  
  BB(ネルソン):大実、美味、豊産性の全てに優れている


7月 6日

  
  桃(なつおとめ):無袋栽培ができ、味も良い品種


    
    洋梨(ラ・フランス):袋かけを忘れた一個


  
  ブドウ(ゴルビー):ジベレリン処理をすれば巨大果になる


    
    リンゴ(アルプス乙女):思い切って摘果した後

  
  
  上の近接像:摘果すると大きくなり、味も良くなる


7月 4日

  
  梨(豊水):生らせ過ぎ、もっと早くに摘果すべきだった


    
    上の近接:梨は外観では完熟の度合いは分かりにくい


  
  プラム(大石早生):少し黄色く色づいてきた


    
    BB(ヌイ)


7月 2日

  
  洋梨(レクチェ):袋かけが遅れている


    
    グレープフルーツ:10号鉢なので3個に摘果


  
  SH系のBB(サウスムーン):大実で、微妙な味がして美味


    
    NH系のBB(パトリオット):美味だが結実不良


7月 1日
 ブドウは、このようにフェンスに這わせたりして樹形を好きに
 作れるで、狭い場所でも栽培しやすいです。

  時々、袋かけを忘れる果実があります。
  病害虫の被害を受ける可能性は多くなります。

  
  フェンスに這わせたブドウ、手前は収穫の終わったサクランボ


    
    サンヴェルデ:鉢の裏にあったので袋かけがもれた


  
  ピオーネ:葉の裏にあったので、これも袋かけもれ


    
    2年前の春に挿し木したサクランボ:順調に発育中
     9号鉢


  
  BB(おおつぶ星)


    
    チャンドラー:最も大実で、味も結構美味


6月29日
 月山は今年初めて結実しましたが、寿錦は数年前から少量は
 収穫できていました。
 月山と寿錦は、共に中国の大連から輸入した品種です。

  月山は完熟しても黄色ですが、寿錦は完熟すると赤く色づきます。
  月山程ではありませんが、寿錦も栽培はプロでも難しいと言われて
  います。

  
  サクランボ(寿錦)


    
    ネクタリン(ストレンジ):完熟しました


  
  BB:チャンドラーとブリジッタの2品種をラビットアイ系の
   台木に接ぎ木したもの、8号鉢に植え付け
   2品種共に大実で美味しいです


    
    上の樹のエリザベスの実


  
  上の樹のブリジッタの実


6月27日
 ついに幻の黄色いサクランボと言われる月山錦が結実しました。
 知人に穂木をもらって接ぎ木して、5年目でやっと成功。
 何年も花が咲いても実が付かなかったり、苦労しました。

  糖度が高く美味しいサクランボです。
  更に接ぎ木して、樹を増やす予定です。
  この達成感は何物にも代えがたいです。

  
  月山錦:幻の黄色いサクランボ


    
    最後の紅きらりの収穫:10号鉢
     小さい鉢でよく頑張ってくれたものです。
     お礼肥と活力剤を与えて、労をねぎらいます。


  
  同上:たわわに実をつけてくれた


    
    これも最後の紅秀峰:大実で糖度も高い優れた品種


6月24日
 明日から梅雨空が続く天気予報なので、ブドウに袋かけを
 しました。真っ暗になるまで頑張りましたが、暗くて見えない
 ので作業を断念。

  袋かけする前に最後の摘房、摘粒が必要でした。

  
  ブドウ(昭平紅):摘粒前で粒が多すぎる


    
    生育の過程が分かるように、摘粒後に透明な袋かけをした


  
  袋かけ途中


    
    巨峰:実が大きくなるので思い切って摘粒


  
  ナイアガラ:後ろは通常の袋かけしたもの


    
    実が窮屈に詰まったキャンベルス、中心の軸が見えない
    ようでは実が大きくなれない→摘粒後、袋かけ


6月22日
 天香錦という品種のサクランボ。
 大粒、こりこりとした食感、糖度も高い等、総合点で優れた品種。
 来年はコンポートを作ってみよう。

  
  サクランボ(天香錦)


    
    天香錦の重さ:11.4g、糖度23.8度


  
  プラム(アームストロング):完熟すると赤くなってジューシー


    
    洋梨(オーロラ):お気に入りの品種の一つ。少ししか結実せず


  
  BB(トロ):大実で美味しい


6月20日
 今年はサクランボの全品種が豊作でした。
 長い期間楽しめる品種があるので、毎日、観察しながら味わっています。

  幸いカメムシの被害は殆どありませんでしたが、ネットの隙間から
  侵入した小雀に、多数のサクランボを食い荒らされました。

  
  サクランボ(紅秀峰):糖度、重さは下に記載


    
    絢のひとみ:来歴は佐藤錦とナポレオンの交配によるもの


  
  小雀に喰われた痕:このように多数が食い荒らされた

  
    
    紅秀峰の糖度、20.8度 重さ、9.1g


    
    ブルーベリー(ブリジッタ)  


6月17日

  
  多数のサクランボを小雀に食われている
   今朝、初めてネット内に侵入しているのを発見
   信じられないような狭い隙間から、出入りしていた


    
    ネットに収容しているサクランボ:今年はサクランボが豊作
     小雀に多数食われてしまった、ネットを再点検予定


  
  ブドウ(サンヴェルデ):ブドウは樹形を好きに作りやすいのが良い


    
    桃(桃紅):袋かけ予定


  
  プラム(ソルダム):樹上で完熟するとジューシーで美味だが
   アブラムシが付きやすいのが難


6月15日
 2年前の3月に、挿し木したサクランボが順調に生育しました。
 1本だけ6号鉢から9号鉢に植え替えしてみました。
 根張りも良く、高さ115cmまで大きくなりました。

  サクランボは、樹が古くなると病気が発生しやすくなります。
  接ぎ木して、お気に入りの品種を更新していく為の台木に
  使います。

  
  サクランボの挿し木


    
    絢のひとみ:佐藤錦とナポレオンを交配した優れものです。
            美しく美味です。

  
ナポレオン:密集した樹の陰にあり、見逃していました。

6月13日
 多種類のサクランボが一斉に完熟しました。
 それぞれの品種に特徴があり、外観、味覚を楽しんでいます。

  ブドウのジベレリン処理を、昭平紅とクイーンニーナにやってみました。
  成果がでるか今から楽しみです。
 
  
  サクランボ(ナポレオン)

    
    
    天香錦


  
  レイニア


    
    ブドウ(昭平紅):2回目のジベレリン処理した後


6月11日
 アメリカンチェリー系のサミットは、500円玉位の大きさになり
 見事ですが、佐藤錦のような微妙な味わいはありません。
 人をびっくりさせる面白さはあります。

  
  サクランボ(サミット)


    
    おりひめの季節:収穫量が少なく、本当の味が不明


  
  ブドウ(巨峰):摘房、整房した後


    
    リンゴ(メイポール):観賞用のミニ・リンゴ、中まで真っ赤


6月10日
 ブルーベリーが色づいてきたので、収穫できるサクランボと
 ネット内で入れ替えをしています。
 
  収穫したサクランボには、お礼肥と活力剤を与えました。
  今年はサクランボが豊作です。

  
  紅秀峰


    
    近接像


  
  ナポレオン

    
    
      紅きらり
   

6月 8日
 サクランボは完熟すると美しく美味ですが、クリアーしなければ
 ならない問題が沢山あります。

  カイガラムシに枯らされた枝が出てきたのも一つの課題です。
  でも、難しいから夢中になっているのが現状です。

  
  大実のサクランボ(サミット)


    
    天香錦:本格的に結実したのは今年


  
  BB(チャンドラーとネルソンの混植)
   これは大実なのでチャンドラー、もっと摘果して大実を目指す


6月 6日
 ついに待望のサクランボの収穫が始まりました。
 収穫するまでには色々と難敵がありました。
 
  鳥は防鳥ネットで防ぐことができますが、収容スペースに限りが
  あり、収容しきれずに外に置いたものは、全て食べられました。

  今年は幸いカメムシの発生が少なかったので、被害は殆ど
  ありませんでした。

  ほっとしていて盲点だったのが、ナメクジと蟻の食害でした。
  馬鹿にならない数が被害を受けてしまいました。

    
    蟻に喰われたサクランボ


  
  紅秀峰


    
    紅きらり


  
  佐藤錦

29年 6月 1日
 サクランボ栽培の大敵の一つがカメムシです。
 匂いでカメムシが近くにいるのは分かるけれど、保護色の緑色
 をしているので、見つけるのが困難です。

  
  サクランボ(紅さやか)の収穫


    
    上の収穫が終わった大鉢をネット外へ移動
     代わりに、色づいてきたブルーベリーを中に収容します


  
  お気に入りの品種(紅てまり)をカメムシに喰われた


    
    満開になったブドウ(昭平紅)にジベレリン処理をした
     後日、もう一回予定します


  
  ブルーベリー(チャンドラー):摘果して大実にする予定
   順調にいけば、500円玉位の大きさになります


    
    洋梨(レクチェ):袋かけ予定

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 作業日記(29.5月~) | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。