KAZUやんのタナゴ釣り道具製作と釣行日記

タナゴ釣り道具の製作状況報告や自作道具の紹介と時々釣行報告、へら釣の釣行報告やへら釣道具の紹介、時々ぼやきの記載日記。

枇杷の木の枝2

2016-10-18 22:27:26 | 日記
貰った枇杷の木の枝を前回はまず切る事から始め、切った枝の皮を剥く処で終わっていましたが、今日は短く切った枇杷の木の枝の余りが有るので簡単な形状を作る練習をして見ます。

皮を剥いた材料に鉛筆で完成予定図を下書きして、大まかなカットをします。今回は万力に材料を挿み鋸でカットします。

大まかにカット出来ました。今回は小槌を作って木工製作の練習です。

削っていくのはこの彫刻刀しか有りません。今まで刃を研いだ事が有りませんので、切れ味はすこぶる悪く木を切らないで手を切ってしまいそうです。やはり小さな形状の固い木材は成形が簡単では有りません。



どうにか70%位には作る事が出来ましたが、2cm×3.5cmの小槌は手で握って加工しなければならないので、どうしても刃物を使うのは危険で怪我をする前に止めた方が賢明のようです。やはりハンディータイプのミニ万力のような道具が無ければこれ以上の作業は出来ません。暫くは根付の製作は中止にします。・・・KAZUやん
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頭蓋骨付き鹿の角を貰いに行く | トップ | 鹿の頭蓋骨はプレデター? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。