よもやま解体新書

山下和也の制作、見聞記. 北へ西へ南へ。

夏はワークショップ日和なのですね。

2017-07-13 06:52:53 | Weblog
夏休みは毎年、京都で小学生向けの日本画ワークショップをやっているのですが、今年はスタジオを借りている神戸元町でもアート林間学校というワークショッププログラムがあって、そこでも講師をすることになりました。大人の弟子入り企画というのがありまして、日本画の修復家に弟子入り!ということで、掛け軸の損傷についての理解や調査カルテの作成ワークショップをやります。あと、これは別機関のお手伝いですが、ベルリンで水墨画の講義と実習プログラムを担当することになり、パワポや手本作ってました。7月はじめに金沢の保存修復学会に行った後、即ベルリン行き!帰ってきてワークショップ!
そうそう、あとグランフロント大阪の無印良品で水墨画の展示を企画したんで、それのトークイベントもあるんだった。秋もCAPのイベントあるし、夏が終われば冬の個展と別件のプロジェクト準備。最近毎日1回はパソコンか筆持ってる気がするけど、少し前はそんなことは絶対ママならない状況だったのだから、これって幸せな事だな。良い結果を獲られるよう、バリバリ働きます!
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月刊スタジオアーティストト... | トップ | 金沢に行ってきました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む