システム管理者の作業メモ

日々の作業メモです。コメント書き込みは、承認されると表示されます=多少時間がかかりますご了承下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

APC PowerChuteがインストールされているマシンのコンピュータ名を変更した場合の対処方法

2009年05月22日 14時47分01秒 | 今日の作業報告
[要 約]
ログインID/パスワードを保存しても旧サーバ名が表示されログイン出来ず、またログイン情報が保存されない。

[内 容]
PowerChute Business Edition for Windowsがインストールされているマシンのコンピュータ名を変更した場合
には、console.iniのServerHistory に残っているホスト名/IPアドレスを手動で削除します。

【コンピュータ名を変更した場合】
必ずPowerChute Business Editionのウィンドウを閉じてから下記の作業を行ってください。

[Windows2003の場合]
C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\console\console.ini
→PowerChute Business Editionコンソール用
C:\Program Files\APC\PowerChute Business Edition\server\console.ini
→プロファイルウィザード/デバイスリストウィザード用

両方のconsole.iniを編集する必要がありますが、ウィザードを使用しない場合はserver配下のconsole.iniは変更不要です。

変更例)
[ServerHistory]
OLDsvname=192.168.1.101
NEWsvname=192.168.1.101← 削除する
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ウィザード プロファイル
コメント (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« APCの製品マニュアル | トップ | VGN-TX72Bバッテリセル交換 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む