goo

京の冬の旅 島原界隈

2月13日

私学入試で連休だった長男を連れて、京の冬の旅の特別公開を見に行きました。

 

今年は大政奉還150年とかで、幕末関連の史跡を中心に企画されているようです。

近頃めっぽう興味のある島原と壬生に行きました。

(次回には壬生を紹介するつもり

 

幕末といえば、私は完全に長州びいきで、新選組などは「幕末のテ〇リスト集団」と位置づけていたのですが・・・

(本来の毛利の本拠地広島の出身で、戦国~幕末までの壮絶な歴史を知ってしまったら、ひいきにならざるを得ません

 

夏休みに長男の読書感想文課題だった「燃えよ剣(作・司馬遼太郎)」(新選組と土方歳三の話)を読んでから、

少し新選組の見方が変わり(拷問とか陰惨な影の部分の描写が出てこないせいもありますが)

年末には「壬生義士伝(作・浅田次郎)」(盛岡藩を脱藩し、新選組隊士になった男の話)を読み、

猛烈に壬生に興味がわきました。

 

そして、すっかり「壬生義士伝」ロスになった私は、この小説とともに浅田次郎の幕末三部作といわれる「輪違屋 糸里」をもとめ、読み始めました。

いまも読んでいる最中ですが、本の舞台の真ん中に来ることが出来るなんて、なんたる幸せ

周りから見たら、何の変哲もない通行人ですが、(多少写真を多く撮っているだけ

心の中は創造と空想が入り乱れ、大変なことになっているのです。

穏やかでない心中を押し隠しながら、島原の旧花街の入口・大門に入ります。

場所は、京都駅の西側JR丹波口の近く。

いつも野菜を買いに行っている京都中央卸売市場の線路挟んで反対側です。

だから車で行くのも心配なしなんですが、ゆっくり訪れるのは初めてです。

この先に花街の置屋や揚屋があって、往時は賑やかだったそうです。

(新選組が暴れたせいか、地理的に中心地から離れているせいか、次第に衰退、昭和後期にお茶屋組合を解散したそうです)

 

花魁のいる遊郭と混同されますが(私も小説読むまで勘違いしてました)

島原の太夫には官位の正五位が与えられるほど格式高い場であると同時に、老若男女を問わず気軽に訪れることのできる場所で、江戸の文化サロン的役割を果たしていたそうです。

(文化人が田舎のお母さんを招いて、歌詠みの会などを一緒に楽しむ、的な)

この大門も閉ざされることもなく、芸妓さん(島原では傾城と呼ぶ)も自由に出入りできたそうです。

読んでる小説の舞台「輪違屋」もあります。

島原で現在も唯一営業している置屋だそうです。

見た目は普通サイズの町家ですが、奥行きがものすごく広い建物です。

門が閉ざされていましたが、特別公開されたこともあるそうです。

時期を見逃さず、行ってみたいです。

 

観覧謝絶の戸にくくられた謎の五円玉 ↑

小説の主人公 島原傾城の天神(太夫の次の地位)糸里は、実存した人物で、

新選組勘定方の平間重助(芹沢鴨率いる水戸派の一人)のなじみだったそうで、芹沢暗殺の現場に居合わせた記録が残っています。

おそらく、このただ一行の史実から構想を膨らませたであろう物語です。

大門から西へ。

午後の西日が逆行となっております。

「京の冬の旅」に合わせて組まれたツアーかな。

賑やかしいのが嬉しいですね。

みやびな赤壁。

なんとなく遊宴のイメージが強いですが・・・

色のついた壁、というのは、色を問わず格式の高さをあらわしたものだそうです。

そういえば、倉敷の美観地区にも不思議な色の旧宅(たしか緑がかった屋根にほんのりオレンジ調の壁)がありましたが、そういう感じの贅を尽くした建物なのでしょうね。

庶民はナチュラルな色の土壁で精一杯だったでしょうし。

現在の料理旅館でも大いにあることでしょうが、

こちらの角屋さんも、お店の隆盛に伴なって、増築を重ねてきたそうです。

受付を過ぎて、お客様向けの玄関の向かいに、この大きな木。

ツケを払わず出入り禁止になった新選組隊士がつけた刀きずが玄関横に残っています。

玄関前を通り過ぎて、台所に・・・

天井が高いです。現代でも、そのまま素敵に活用されそうな建築。

江戸時代までに培われた伝統文化を凝縮したような場所です。

 大変萌えるかまどですし、たまらないのは、石造りの流しです。

ここに住みたいです。

 ↑ 長男 大きくなったでしょう。(参照:古い投稿をご覧ください)お父さんの背を越しました。

きのう「あんたは乾パンに似ている」と言ってやりましたが、そういう人です。16歳にして苔むしています。

 

さて、角屋で目玉の一つとして公開されている「奥の間」にて、ガイドさんのお話を聞きました。

「京の冬の旅」では、公開されている文化財にはガイドさんが常駐しています。

それが大好きなところです。

 

すてきな坪庭に・・・

景色を邪魔しないよう、できる限り柱を取り除いた屋根。

天秤の原理をつかって支えているそうです。日本人すごい!

 

メインのお庭。ちなみに、むかって右側の茶室の横はJR高架。

こんなに風雅なのに、5分おきくらいに電車が通る面白い場所。

小さい子も退屈しないかもしれません。

 

さて、この奥の間は、芹沢鴨が暗殺をされる直前、最後の宴会を楽しんだ場所なのだそうです。

 

芹沢鴨は、「狙われて当然」「天下の大悪人」的なキャラとして描かれることが多いですが、

「輪違屋糸里」では、多少温かみのある部分も描かれていて、どんな人だったか、ここに残る残像に尋ねてみたくなります。

刀箪笥。

一般市民のいる建物では腰のものを預けてから入るのが、最低限の武士のたしなみであったようです。

 

角屋拝観では、本来の目的をすっかり忘れ、素敵な建築と調度品に心を奪われました。

ここ住みたい~また来たい~と言ってました。

(長男には聞き流されるんですけどね。)

また、知らなければ「きれいな建物」としてのみ記憶に残る建物ですが、

ここで様々な境遇を持った人が行き来していたかと思うと、何とも言えない気分になるのでした。

「小説バンザイ」です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今年も大原産の山椒塩漬け出来そうです!

ご無沙汰しております。

本日は夕方より寒気の影響で寒くなるようですが、

今朝は雨天、とても温かくて過ごしやすいです。

 

寒い時には動くのもおっくうでしたが、

昨日から、古紙回収で7かたまりほど古雑誌・新聞を出してきたり、

家も掃除しましたし、ため込んでいた空き缶をゴミ出ししに行ったり・・・

若干春らしくアクティブに過ごしています。

 

今日は、徹夜で動き出しの遅かった次男を学校に送っていき、

ついでに、倉庫に行きました。

たぶん、今年初?かな~

山椒の木が気になったので・・・

今年は、つくしんぼうの旬も逃したくないですし・・・

(数年前から、大量に生えるようになりました。良いこと悪いこと?)

仕事を頑張ってくれている山椒の木です。

「大原産山椒塩漬け」の原料となります。

本当によく採れるので、今年もちゃんと実をつけてくれるのか心配です。

力強い根元を見て、安心しました。

すこし芽がふくらんできました。

こちらは何の世話もしないのに、ぐんぐん育ってくれて有難いです。

きっと、お隣の畑の栄養を頂いてるんだろうな~

とても丁寧に畑の世話をしてはります。

こちらも御礼肥しないとな、と思ってます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

すごい雪でしたね。

本日 1月18日朝 の風景。

ようやく雪もやんで、穏やかな天気です。

でも、昨日よりも冷え込んでるみたいです。

早朝から小野霞がたなびいていて、地面の付近にはモヤがたまっていました。(この写真の時にはだいぶクリアな感じになってますが)

こういう神秘的な景色は、大原に居たらいつでも見れるようで、そうも見れません。

 

さて。

土曜の晩から火曜日にかけて、よく降りましたね。

長男は高1ですが、駿台のセンターチャレンジテストとかいう催しで、

日曜日は大変な積雪にもかかわらず出かけていきました。

京都駅周辺の初めての建物、というだけで、ちゃんと行けるか不安。

送ってやりたい親心でしたが、女子駅伝当日でもあるので、南北通行止めになったりするし、

もう無条件に「バス一本でいきなさい~」ということになりました。

2時間前に出発しましたよ。

不思議と・・・センター試験の時は雪が降りますよね。

なるほど臨場感を体験できました。

 

翌・月曜日。

小学生の登校には可哀想な(楽しい?かな?)雪道でした。

危ないので歩道を行きますが、吹き溜まりのところは積雪50センチ越えのところもありました。

でもフカフカサラサラの雪で楽しかったですけど。

道路はね、白くなってて坂なのに、市内から来たノーマルタイヤの車がよろよろ走ってたりするんです。

恐ろしいです。

雪景色はこんな感じで青空がきれいでした。

川沿いのこの道も積雪すごいですが ↑ ガードレールなしです

普段の時でも、この道は怖いので、私は運転NGです。

農道にトライ。

後が怖いけど、好奇心が先に立ちます。

景色とかきれいに決まってます

ね、きれいでしょう。

こういうとこでは、完全に鳥の天下でした。

ヒバリ、だと思います。群れで来ていて、賑やかでした。

寒そうな高野川に出て・・・

ここでも・・・

カワガラス?

仲良く泳いではりました。

 通常は一日だけの積雪ですが、今回は次の日も同様に積もりました。

おかげで雪かきをさぼった自家用車は完全閉じ込められてしまいました。

昼間の日光でフロントガラスの雪がどさっと落ちて、夜中にその塊がかたまって、その上にさらに積もるという・・・

雪かきサボると大変なことになるんだな~と実感しました。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

太原金毘羅山 初冠雪です。

昨日12月15日のこと。

 

きれいなので、早速アップしようとしたら、ホームページが開けなくなっていました。

サーバーに電話したら、うんたらかんたら(私には理解不能なこと)あって、何とか元通り開けるようになりました。

一日たったら、今度は・・・

普通に雪が降ってます。

道理で寒いはず。

漬物の作業には何かと都合良しです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

南禅寺・永観堂

ご無沙汰しております

9/13の投稿以来、すぐにでも次の投稿のありそうな書き方をして、すっかり中断しておりました。

しば漬についての「続き」はもはや後回しにしまして、近況より投稿することにします。

 

つい先日(11/14)、子供の学校の懇談会がてら、東山界隈をぶらぶらしていました。

進学して、通学所要1時間ほど、ずいぶん遠くなりましたが、ついでに風光明媚な散策ができる所が嬉しいものです。

紅葉シーズンまっただ中で、「こんな時期に懇談ですか・・・」とも思いましたが(混んでますので)

一時間早く家を出て、(結局普通通りについたので)時間までぶらぶらしておりました。

 

東山界隈、紅葉見ごろです!

予定の方、お急ぎくださいね!

 永観堂

携帯カメラではうまく映りませんでしたが、もっと赤が鮮やかです。

中のお堂でゆっくりするのも気持ちがいいですよ

 

そして、永観堂からてくてく5分ほど歩くと、南禅寺。

きほん永観堂の隣の敷地ですが、なにせ大きいので

門も大きいです。

学校の野球部の子たちが、観光客の人にお茶を配っていました

大きな門から門への参道(入り口からは逆方向に向いてますが)

紅葉はそれほどありませんが、苔とのコントラストがきれいです。

一番奥の水路閣。

琵琶湖疎水の水道です。

疎水は、北側は松ヶ崎・下鴨(北山にある植物園の手前ら辺)まで流れています。

京都市の子供たちは、社会の授業で習って、校外学習でここの近くの疎水記念館に行きます。

明治時代に田邉朔郎という人が中心になって作りました。

南禅寺で特筆すべきこと。

バナナが生えてました(まあ、大原でも生えているんですが・・・)

 

よく見ると、花がついてます!

しっかり撮れませんでしたが、花の上に、バナナの実の房が出来てました。

どうも熟れなさそうなので、このまま枯れていきそうですが。

どなたが植えたのか気になります。

 

*永観堂と南禅寺。

 二つをつないでいる道路を散策するのが、また趣きがあっておススメです。

 一方通行ですが車の通れる道・・・いくつか門をくぐりながら行くのです。

 

また、ここら辺は別荘地(とか、昔別荘だった美術館とか料亭とか)が多いです。

昔は南禅寺の巨大な敷地だったそうですが、維新後に接収されて・・・

琵琶湖疎水を利用した風車動力を利用した工場(だったかな)を作る予定だったそうです。

ですけど、田邉朔郎氏が外国に視察に行ったとき、もはや風車発電は時代遅れ、ということに気づいて、計画変更・・・

結局これらの土地は別荘地などに利用されたそうです。

結果的には、それでよかったと思いますね

 

とても気持ちの良い所なので、大原とセットで遊びに来てくださいね。

 

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

逆説的に漬けてみる。その1

ずいぶんご無沙汰しておりました。

紫蘇作業も無事に終わり、ひとときではありますが、のんびりとした生活をしております。

この時期の恒例、キッチンしば漬の製造。

簡易漬物器を使っての「しば漬」ですが、こちらの容器は失敗なしの優れもので、

1・5キロ~2キロのしば漬であれば、まず失敗することはないという黄金率を発見しまして、

しば漬を楽しんでおります。

 ←この容器です。

(今年、いろいろあって、この容器をなんと12個も買いました。うち2個が私物。)

初めて「しば漬」作りをしたときは、試行錯誤、ちょっとの変化に驚き、腐ってはいないものか、いちいち心配になっていたものですが・・・

成功するのが分かってきたら、けっこう退屈で、今度は失敗したくなるもの。(違いますか?)

どうすれば失敗するのか考えてみよう、ということで、今年は、逆説的な「しば漬」作りに挑戦してみました。

 

実は、次男の夏休み自由研究のテーマで、とある2種類の「しば漬」づくりをしてみたのです。

そうすると、なかなか興味深いことが分かりました。

*しば漬は、(そのほかの漬物においても、しばしば)塩分4パーセントで漬けるというのが定説ですが、

 塩分が少なかったら失敗するのか?、赤くならないのか?、臭くなるとか?むちゃくちゃ酸っぱくなるとか?

 いったいどうなるのだろう。

と、上記の事柄をテーマに自由研究を行ったのでした。

 

しかし、このとき、あいにく簡易漬物器(上記のような、透明な容器)が手元になく、仕方なく、味付け海苔の容器を使って実験しました。

重石も不安定なものであったため、段ボール箱を支えとして漬け込み、密室での作業となってしまい、全容を知ることが出来ませんでした。

せっかく面白い結果が出たのに、なんだかスッキリしない・・・

 

ですから、今回わざわざネットで容器を取り寄せて、キッチンしば漬で再実験してみることにしたのでした。

2つ容器があるので、2種類のしば漬実験。

赤しそと青しそ。

それぞれのなすび。

 

1、塩分2%のしば漬を作ってみる。味はどんなふうになるのか。

2、青しそを使ったしば漬は、一体どんなものができるのか。青いしば漬ができたら面白いなあ~なんて。

 

2つのテーマに沿って、キッチンしば漬を始めました。

長くなるので、つづきは次回投稿で。

お楽しみに…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大原の赤紫蘇の様子 2016年6月11日

背丈の高いものはひざ下ほどに成長しています。

 

赤紫蘇の発送開始日は6月24日。

あと2週間でどれほど成長してくれるのか、楽しみです。

 

 

  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2016年5月3日 赤紫生育の様子

2016年度の赤紫蘇づくり、始まっております。今年も質の良い大原の赤紫蘇をお届けできるよう丹念に作ってまいります。

ールデンウィーク真っただ中。曇のち雨。絶好の苗植替え日和です。

7月上旬の収穫めがけての、赤しそ苗植え。

   本日5月3日に植え替え作業をした畑です。植えた後はすぐに水やり。今夜から雨の予報なので、しっかり根づことでしょう。

     

   第1弾の畑 こちらは6月下旬収穫予定。         第2弾の畑 7月初旬収穫予定。

    

  まずは土づくりから。これから畝をあげる作業をする畑です。

  

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

大原の春2016・桜満開!

4月6日、学校が始まりました。

久しぶりに歩きましたが、まあ、大原は春爛漫です。

洛中あたりは、すでに桜が散り始めていますが、大原はこの週末あたりが満開のようです。

日陰の桜は、まだまだ大丈夫そうです。

民宿茶谷さんのボケ(だったと思う)の花が今年も咲き始めました。

茶谷さんの花壇には、いろんな花があって、いつも楽しませてもらっています。

ボケの花は、白・紅・紅白ミックスもあって、とても華やかです。

 

農道に行きますと、菜の花やら菜の花もどき?がきれいでした。

菜の花もどき・すぐきの花畑。

遠くの山桜との共演が見事です。

すぐきの状態がよくなかったとかで、ひかずに置いてあったすぐきの薹(とう)がたったのだそうです。

大根の花は白ですが、すぐきは黄色なのですね。

サービス感たっぷりの咲き誇りぶりですね。

さて。

うちの倉庫の隣のビニールハウスをのぞきに行きました。

紫蘇の苗床です。

種まき後10日すぎくらいでしょうか。

よ~く見ると、面白いんです。

紫まじりなので、かろうじて紫蘇だとわかりますが、

産毛が生えてて、けっこう肉厚で丸みのある葉っぱです。

緑が混ざっていると、少々不安を感じますが、交雑しているのではなく、こういうもののようです。

成長に従って、紫蘇らしさが出てきます。

 

ビニールハウスの横には、すっかりお馴染になった?山椒の木。

「大原産山椒実の塩漬」のお母さんです。

新芽が出てきました。

もうすでに蕾が出来ています。

種類によるのかな、早いですね。

足元には、つくしんぼがいっぱい。

今年も、採り時期を逃してしまいました。

おととしの三倍くらいの面積になっていたので、来年はもっと増えるかな。

「保護」の名目で、今年は取るのをやめました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ついに「しば漬け」がサイエンスになりました!

2月23日の京都新聞にこんな記事が載りました。

  京都新聞HP 

普段ならば、たいして読まないであろう記事ですが・・・

「しば漬け」の文字が目に入り、一気に覚醒した私でした

そういえば、おととし位にこの小学校の先生方がしば漬のことを聞きに来られたのでした。

ちょうど私がPH試験紙にはまっていた頃で、自作の拙い実験結果をお見せしました。 以前のブログ

この記事をご覧になった皆様にもぜひお試しいただきたいです!

しば漬は、食べて美味しいだけでなく、育てるのも楽しい生き物なのです。

 

きっと「しば漬」の始まりは、夏にたまたま家にあった野菜を塩漬けしてみただけでしょうが・・・

すごく合理的な形で綺麗な色に染め上がります。

赤紫蘇は有能ですけど、自分の力だけでは真っ赤になることはできません。

また一緒に漬ける野菜が茄子ではなかったら、たいして赤くならずに平凡だったと思います。

偶然たまたまの始まりだったと思うのですが、本当に神様が結び付けたものなんじゃないか、と思ってみたりもします。

神秘的ですよね。おもしろい!

 

生野菜は放っておくと腐りますが、しば漬は上手に保存すると長期保存ができます。

火も通していないのに、なんで食中毒とか起こさないんでしょうね。

私が辻しばに来てから、一度も漬物で腹を壊したことはありません。(くさいのもありますが…)

 

納豆菌などは湯通ししても死なないそうですし、納豆食べてれば、食中毒も防げるそうです。

猛毒のフグの卵巣でしたか、発酵させると食べられるそうですね。ちょっと怖いですけど。

 

きっとしば漬の樽の中では、まだまだ私たちの計り知れないサイエンスが巻き起こっているのでしょうね。

身近にいながら、それを暴くことが出来ないから、とてももどかしいです。

(私も若!も文系です。せいぜい良さを口で伝えることしかできません。)

うちの子たちの誰かには、ぜひ化学の道に進んで、もっと詳しく調べてみてほしいと思っています。

 (日々科学の面白さを「それとなく」吹き込み、すり込んでいますが

 

 是非、京都(全国でもいいです)の理科教育のプログラムにも組み込んでもらって、興味の出た子たちにしば漬の研究をしてもらいたいです!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ