kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

まるで生きものみたい。

2017年07月18日 | 

一昨日の午後、テニスコート、西の空に、入道雲が湧き上がってきた。
ゲームを中断して、撮影させてもらった。

東の空なら見慣れている。
だが、西の空では、雲がシルエットになり、生きているかのように形が変わる。
マンション屋上の換気口?が、イースター島のモアイ像のように見えた。

カメラを持っていってよかった。
いつ何が被写体になるかはわからない。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑の夏にふさわしい花! | トップ | 太陽向かない小回りのひまわり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
時間が足りない (6944)
2017-07-19 05:56:34
西の空の入道雲。シルエットが素晴らしい。カメラに収め損なったら先々の悔い。テニス中断はみんなの納得下だった。

爺は雲の姿をモアイだとみる。

6944はゴジラと見た。

今朝未明から始めた書斎の整頓、中からゴジラが二頭現れた。爺の雲の写真に似ている。
暇な方は「携帯百景6944」と打ってパソコンで検索してみてほしい。(今朝の撮影)

赤目のゴジラを発見するだろう「赤」に理由はない。青い目だとゴジラの生まれは西洋と誤解されるのを恐れたからとでも言っておこうか。

人生残された時間を考えると、惰眠を貪り、うかうか寝てられない。

朝は短歌や俳句を作り、漢字検定の勉強もする。

昨日は囲碁のクラブで公式戦三番を打つ。三勝した。

爺のブログへの書き込みがこんな時間になったわけである。

レジェンド日野原が105歳で死んだ。たぶん「もっと時間を」と思ったであろう。ゲーテの最期の言葉は「もっと光を」だったと記憶する。

私凡人。だから時間が欲しい。

入道雲のシルエットみながら、
「やがて来るものとはかねて知りながら
昨日今日とは思わざりしを」、の古歌を反芻していた。
早朝のコメント (kazu)
2017-07-20 00:50:31
6944さんへ

早々とコメントありがとうございます。
昼間、レス書いたのですが、なぜか送信できず、
日が改まってしまいました。

携帯百景のゴジラ、こわい!
他の写真も拝見しました。
あくなき好奇心、怖れ入りやのクリアキン(古!)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む