kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

街角の風景

2017年06月19日 | カフェ

街中で、コーヒーを飲みたいとは思わない。
が、ランチタイム、格安のコーヒーチェーン店は、
ご覧の通り、客で埋まっている。

昼休みの時間つぶしか…
会社のデスクにいるよりは、
コーヒ-が飲めて、スマホを見られるとなれば、
多少のストレス解消になるか。

いまだガラ携のカメラ爺には、スマホに釘付けになっている人たちの行動がわからない。
寺山修司の著書をもじれば、「PCを捨てよ、町へ出よう」ってか。

が、時折、デートをしているらしいカップルが、
互いに話すでもなく、自分のスマホを見ていることがある。
その光景は、なんなんだあ、と思わざるをえない。

スマホ依存症という言葉も、あながち否定できない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「柏葉アジサイ」というらしい | トップ | 小堀遠州の燕庵再現 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
男と女の間には (6944)
2017-06-19 10:09:13
戦後のデートは映画館が定番。
会話はない。
時に暗さをいいことに男が手をにぎることも。

一時流行ったマンガ喫茶。
二人は黙ってそれぞれの世界に沈潜。
会話はない。

スマホ眺める昨今も状況は同じ。
会話はない。

江戸まで遡れば
蕎麦屋の二階(何をするのでしょう)。
会話は不要。

たわいもない男と女の話である。
(高村光太郎 智恵子抄風に)

そういえばギリシャの格言に
雄弁は銀 沈黙は金 というのがあったっけ
江戸落語の艶話 (kazu)
2017-06-20 00:48:14
6944さんへ

芝大門・更科布屋の店主が、蕎麦屋の二階のこと書いてました。なるほど納得です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

カフェ」カテゴリの最新記事