kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

和食の老舗でランチ

2017年02月08日 | グルメ
知る人ぞ知る日本橋室町の老舗「割烹とよだ」で、
プチ贅沢なランチを食した。

この界隈、コレド室町・日本橋など三井不動産の再開発が目覚ましい。
そのなかで、そうした流れに巻き込まれず毅然として伝統を守っている。
店に足を踏み入れると、なんだかホッとする。
創業文久三年(1863)、現在の店主が5代目だという。

ランチタイムを少し外した午後一時過ぎなのに、一階のカウンターは満席。
三階の掘りごたつ座敷に案内された。
夜はとても自費では来る気になれない価格だが、昼食は「とよだ御膳」が1,500円(税別)とリーズナブル。
写真右上の刺身付きが2,000円だ。
ビールより日本酒の方が合いそうだが、まだ時間が早い。

煮物、揚げ物、洗練された味に満足感がある。
カウンター席なら、その場で揚げたてをいただけたのだが、ちょっと残念だった。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒風に咲くクリスマスローズ | トップ | 枯れないけど咲かなかったラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ」カテゴリの最新記事