kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

Made in Japanもここまで来たか!

2016年11月08日 | 
久しぶりに訪れた銀座・日産ギャラリー。
車には乗らないけど、見るのは好きだ。

ここまで来ると、国産車というかつてのイメージはない。
日産GT-R NISM(欧州仕様)。
かっこいい。価格を調べたら、18,700,200円だと。
なんだ、この200円というのは…

ともあれ、9月にオープンした日本を代表する銀座4丁目交差点のディスプレーとしては納得がいく。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 阪急が東急になっちゃった。 | トップ | お得な「魚串五種盛合せ」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
200円(笑) (LYNX☆)
2016-11-08 07:26:47
☆Kazuさんへ
いつも大都会の話題に興味津々の私です・・・
過日しばらくぶりに東京に行ったとき(娘の千葉への引っ越しの際)東京駅構内で人に酔ったほどの田舎者なので(笑)、キラキラした話題は楽しいです。
Kazuさんが車好きだとは意外でした・・・
確かに車は見るだけでも楽しいですね。
ホンダNSX (kazu)
2016-11-09 00:17:11
☆さんへ
ホンダNSXが2,370万円だから、驚くに値しないか。まだ、実物見たことないけど・・・
爆買いの対象外? (6944)
2016-11-09 11:04:47
安かろう悪かろうが日本製品の
代名詞だった時代を
今の若い人は知るまい

舶来品を持て囃したのは
明治の御代から戦後までか

爺の写真は「もはや・・・ではない」
という新時代を
きっちり「撮り仕切って」余りある
そんな時代があったね (kazu)
2016-11-10 00:42:01
6944さんへ
NHKTV「べっぴんさん」の闇市で、ゴムの伸びた靴下を「メイド イン ジャパンだから」というセリフに、そうだった、と思いだしました。

かくいうカメラ爺は、当時、宣教師からの支援物資で、ブリーフをはいてました。
小学校の身体検査の時、周りから「女もののパンツはいてる」と笑い物にされたことがありました。

無論私は「ちゃんと前あいてるんだから違う」
と抵抗したものです。

今でも、ブリーフは変わりませんね。ボクサーブリーフなんて名前かかわってるけど・・・
私はトランクス党です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む