kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

この絵が500年近くも前の作品とは!

2017年03月20日 | アート


先週、上野・東京都美術館「ティツィアーノとヴェネツィア派展」を見に行ってきた。
第三水曜日シルバーデーは、65才以上無料である。
長年、都税を払ってきたのだから、この程度のサービスはあってもいいだろう。

平日の午前とあって、鑑賞者の大半は爺婆である。
それに比べて、展示されているのは、豊満な女性の裸体絵画。
落差が激しすぎる。

なんとこれらが、500年近くも前に描かれているのだ。
日本の戦国時代に比べて、なんと優雅なことか。

それはさておき、絵画の保存状態がいいのに驚かされる。
絵具のひび割れひとつないのだ。

同時代の画家の作品も展示されていたが、ティツィアーノは出色である。
なかでも「フローラ(女神)」は、いつまで見ていても飽きない。
意味深な左手の指、右手に持つ花。
官能のシンボリックな表現に、想像の世界がどんどん広がっていく、カメラ爺だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一足早いけど・・・ | トップ | オージービーフなんて見向き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む