愛の戯れ言。

自作の詩をただ淡々と晒していくだけの創作日記です。

39q(^-^q)fight

愛と幸福

2013-09-27 23:18:17 | 恋愛(明るめ・前向き系)
希望など見えない
真っ暗な日々の途中で出会った
眩し過ぎる優しさ
健気な愛情に笑みが零れる

温かな鼓動に初めて触れて
僕は変わった

何の取り柄もない こんな僕に
一つの愛をくれたのは 君でした

* * * * * * * *

柔らかな瞳が
真っすぐに僕を見つめ返すたび
照れ臭くて逸らした
視線がまた君を追いかけている

ささやかな感動に震える心を
悟られないように

あどけない二人は 手を繋いで
幸福な愛の真ん中で 目を閉じる

* * * * * * * *

何の取り柄もない こんな僕に
一つの愛をくれたのは 君でした

あどけない二人は 手を繋いで
幸福な愛の真ん中で 目を閉じる

幸福な愛の真ん中で 目を閉じる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

想愛ファクト

2013-09-25 21:15:36 | 恋愛(失恋・切ない系)
認めたくないだけ ほんの少し満たされたくらいで
安心してたら 何となく負けたような気がして

頑ななプライドが 臆病な本心を隠して
窒息しそうになった時 嫌でも思い知らされる

どうして 想いは
否定するほどに 熱を帯びてゆくの

気づかない振りで誤魔化すには
きっともう膨らみ過ぎてしまった
感情はいつも不安定で
浮かんだり沈んだり忙しないけど

君を想う事実が
愛を今日も深くしてゆく

* * * * * * * *

止まらない思考の真ん中に いつだって君がいる
目を閉じるたびに浮かんでくる その全てに溺れてる

どうして 涙は
意思に逆らって 零れ落ちてゆくの

悔しくていつも仕方がない
信じたくないのに実感してる
感情は不意に芽生え出して
悩んだり焦ったり落ち着かないけど

否定なんて出来ない
愛は確かにここにあるから

* * * * * * * *

気づかない振りで誤魔化すには
きっともう膨らみ過ぎてしまった
感情はいつも不安定で
浮かんだり沈んだり忙しないけど

君を想う事実が
愛を今日も深くしてゆく

否定なんて出来ない
愛は確かに此処にあるから
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

escape

2013-09-24 22:13:22 | 自己啓発・憂歌
胸の奥で燻る感情
目の前にそびえ現れた疑問は

自分一人じゃ解決出来ずに
通りすがりの優しさに救いを求めてる

捨て去れない弱さを抱えて
当たり障りのない人生を漂う僕は

器用に生きるには未熟過ぎて
上辺ばかり上手になった
狡賢くも臆病なこんな自分に
嫌気が差しては答えから逃げ出してばかりいた

* * * * * * * *

口に出さず我慢をしては
なりたくない自分を選んでばかりいる

思われるほどの器はなくて
表面だけの優しさでその場をしのいでる

扱いなど心得ていたのに
不意に迷走し出す魂に揺さぶられ僕は

素直に生きられない自分を悔やみ
人を羨み罵声を吐いた
一人の夜が今日もまた沈んでゆく
こんな人生を望んでたわけじゃないはずなのに

器用に生きるには未熟過ぎて
上辺ばかり上手になった
狡賢くも臆病なこんな自分に
嫌気が差しては答えから逃げ出してばかりいた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身勝手な僕にさようなら

2013-09-22 18:27:02 | 恋愛(失恋・切ない系)
都合よく自分を守って
君の言葉に耳を塞いだ

いつだって自分が正しいと
思い込んでた頃の無知さで

何度となく
君を傷つけてきたのかな

身勝手な僕の理不尽を
受け止め続けてくれた その優しさが
遠ざかって やっと気がついた

* * * * * * * *

分かってたつもりになってた
一方的な答えを並べて

ぎこちない会話の後先
泳ぐ視線の行方が虚しい

巻き戻せない
時を重く受け止めたなら

身勝手な僕にさようなら
悲しい思い出はもう作らないように
省みれば そこに君がいる

* * * * * * * *

身勝手な僕の理不尽を
受け止め続けてくれた その優しさが
遠ざかって やっと気がついた

身勝手な僕にさようなら
悲しい思い出はもう作らないように
省みれば そこに君がいる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

未来の途中

2013-09-15 20:20:46 | 恋愛(明るめ・前向き系)
覚え立ての感情は まだ
子供のように 震えてばかりいるけれど

どこまでも追いかけてくる
不安を今すぐに断ち切って
もっと 素直になりたい

君に向かう想いは
果てしなく続いてゆく
日々とよく似ている

辿り着く未来は
きっとまだ まっさらでも
君と描いてゆけるはずさ

* * * * * * * *

さり気なく主張している
小さなサイン 君は気づいていますか

いつまでも君と一緒に
生きてゆけたならいいなんて
口には出せないけれども

君を想う強さが
挫けそうになるたびに
僕を支えてくれる

永遠があるなら
この先も 君と二人
終わらない夢を見ていたい

* * * * * * * *

君に向かう想いは
果てしなく続いてゆく
日々とよく似ている

辿り着く未来は
きっとまだ まっさらでも
君と描いてゆける

永遠があるなら
この先も 君と二人
終わらない夢を見ていたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加