to the tomorrow's blog

大事にしているクラシックCDとオーディオについての不定期なblogです。

最後の調音パネル

2017-03-19 14:27:51 | クラシックCD
先週、これを作った。



高さ45cm。しばらく使用してみたが昨日、上から15cmのところから切断。



高さ30cm。切断し使用してみたが今朝、上から5cmのところからさらに切断。



現状、高さ25cm。
なんに使用するのかというと、これにより椅子の後ろの調音パネルを持ち上げるのである。ただ、それだけのために。



こんな感じ。パネルをさっきの作品で持ち上げている。
持ち上げの高さは45cm ⇒ 30cm ⇒ 25cm と徐々に低くなったことになる。
よいコンサートホールは後ろからも響きが感じられる(聞こえる)らしい。何十年も昔、シンフォニーホールやサントリーホールでオーケストラを聴いたことがあった。後ろからだけではなく、前後左右が響きに包まれたような感じだったように思う。
7帖の狭いリスニングルーム。もっと全体的に響きが体感できるようにしたい。
マルチチャンネルだと実現できるというような話も聞いたが、興味なし。
実は、椅子の後ろの壁の少し高い所へパネルを貼り付けたことがある。ものすごい鮮やかな響きになるがキンキンしてきて我慢できくなった。
それで壁と棚に挟み、頭がちょこんと出た状態でそのままにしておいた。こいつを利用して後方の響きを充実させたいと再び思い立ったのだ。
45cm持ち上げ ⇒ 音響は迫力、分解力が大変向上。しかし、いささか鳴り過ぎ。録音によってはウルサイ。
30cm持ち上げ ⇒ 少しおとなしくなる。もう少しおとなしい方がよい。
25cm持ち上げ ⇒ 迫力、分解力の向上は維持しつつ、うるさくない。
元に戻したければ持ち上げをやめればよい。

メンデルスゾーンのイタリアを聴きながら調整をしていた。

まず、ドホナーニ/ウィーン・フィル。真面目。推進力がある。もう少し柔らかい方が好き。



アシュケナージ/ベルリン・ドイツ交響楽団。意外だったがかなりよい。適度にロマン的。混ざり物のないホールトーンがみごと。みずみずしい。



ペーター・マーク/マドリード交響楽団



これが一番好き。全体的にリラックスしている。力みがない。朗々とした感じ。デザインは裸婦の絵。

どのCDも録音に特徴がある。これらのCDはどれも異なった美音で聴きごたえがある。
今のところ25cm持ち上げで落ち着いた。はたして部屋全体で響いているのでしょうか。

追伸
先ほど、もう5㎝切断した。
20㎝持ち上げとなっている。CDによっては元気よく響き過ぎていたのが、低くなるにつれて元に近づいていく。問題は、迫力、分解力の維持と金属的な音響防止のバランスを取ることであった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リクライニングチェアの落とし穴 | トップ | 消磁器導入 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (七味とうがらし)
2017-03-19 21:50:59
こんばんは。
興味深い内容です。パネル、私も最初後ろに置いたんですがおっしゃるようにキンキンと響いてしまいました。
あまり耳に近くない方が良いのかもしれませんね。
Kazuさんは下げましたが、嵩上げもありそうですね。気が付きませんでした。
今日は家族で長岡へ。七味はオフ巡り、でした。
Unknown (七味さま)
2017-03-20 07:13:53
おはようございます。
高いほどキンキンするので参りました。はじめはこれはすごいと思いますが、少し経つと煩わしくなります。結局、元通りになりそう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。