アクセスVISION

Website『読書アクセス』の運営者カズノリによる業界・事業の動向まとめ

国内の腕時計製造事業

2017-05-17 12:34:56 | 一般
日本の製造業者による腕時計(ウォッチ)の国内出荷高は、日本時計協会によれば
・2014年は約800万台、約1070億円
・2015年は約920万台、約1290億円
・2016年は約930万台、約1160億円
と数量が増えつつ単価は下がってきている。
また、2016年は輸入量と輸入金額が下がっていて、日本の腕時計市場が減ったものと考えられる。

このことから、腕時計業界では今後どのような変化が考えられるだろうか。
まず、期間を長くしてみると国内出荷高について、
・2009年は約630万台、約640億円
・2010年は約660万台、約680億円
だったことから、数量増加・単価下落は長期的なトレンドであることがわかる。
このことから考えられるシナリオは、
・単価の低いゾーンのシェアを大量生産能力を高めて単価引き下げに成功した国内業者がとっている
・高い輸入時計へのニーズが減り、機能性から日本の低~中価格帯の腕時計に人気が出ている
・上記2つの両方
である。輸入先は調べられないため分からないが、ブランド品についての動向からすると、主に前者ではないかと考えられる。

消費者が腕時計に求めるのは、
①優れた性能で時間を知らせてくれる便利さ
②良いデザインによる服飾の向上
にまとめられるだろう。
このうち、シナリオを考慮すると①が低価格でも実現できるようになっていることが伺われる。
ただ、2016年に伸びなかったことからは、今後腕時計業者がデザインの向上や新技術導入により付加価値を高め、単価を高める方向に動く可能性が見てとれる。

以上から、腕時計は、今後単価の引下げへの開発を弱め、デザイナーの起用等によるブランド向上、新技術の追求に投資を進めていくというのが僕の見解である。

Amazonの腕時計を見る
アマゾンの最新の腕時計ベストセラーがわかるサイト

事業動向の予測技術
事業の動向予測の本

読書アクセス
本をはじめ、様々な読みものの紹介をしている旗艦サイト
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 英語教育事業 | トップ | 介護保険対象事業 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。