Planet MACARON MURATA プラネット・マカロン・ムラタ

マカロン星人 叢田 一範 地球での活動報告

はじめてのバックカントリー

2010-04-20 | テレマークスキー
今日と明日の2日にわたり
月山ポレポレファーム 奥山さんのガイドで
はじめてスキー場の外に出て自然の山を滑ります。

メンバーは僕と友人のAさん、横浜から参加のSご夫妻
天気は快晴とまではいきませんが、時折青空ものぞき
おまけに無風なのでなかなかのバックカントリー日和です。

ルートは月山スキー場のリフト終点から
姥ヶ岳山頂~石跳沢~ネイチャーセンタールート。


出発直前!少し緊張してますね~表情がかたい。。。。
口がハの字になってます。


月山スキー場リフトから望む朝日連峰

リフトを降りて北東の山姥ヶ岳山頂を目指します。
はじめてスキーにシールをつけての登山で、
リフトを降りたところで皆に教えてもらいながらシールを張ります。

※シールとは雪山を登るためスキーの板の底に貼る滑りどめで、前には滑るけれど
後ろには滑らないようになっている長ーいエチケットブラシみたいな糊付きの帯です。

山頂までは20~30分ほどで着いてしまいます!速いね~
久しぶりの登りが懐かしくもあり。。スキーなので新鮮でもあります。
スキーでの登りは思ったよりも快適で、雪質にもよると思うけれど
スノーシューよりは快適な感じだし、直登なので無雪期の登山で登るよりも
数倍楽だった。

まだ姥ヶ岳のTバーリフトが設置されていないので山頂はほとんど人がいません!


姥ヶ岳山頂付近から姥ヶ岳北側の尾根を眺める

風もなく穏やかな山頂で月山を眺めながら昼食をとり
いよいよ出発!ザックを背負って滑ることもはじめてですが
予想していたよりに気にならないものです。


姥ケ岳山頂から見下ろす湯殿山 半年前とは別世界だ!


半年前の姥ヶ岳山頂、後ろは月山です。

月山にして今日の雪質は今シーズン最悪レベルの雪だそうです。。。
重い悪雪の滑り方を奥山さんに教わりながら湯殿山側の谷に下りてゆきます。
でも腐れ雪は転んでも痛くないしスピードも出ないので僕には助かります。

 
姥ケ岳 北西大斜面
(ここから南方面の眺めには思わず息をのみました。。。左手に姥ヶ岳、右手に湯殿山があり
その谷間に朝日連峰!平衡感覚がなくなり別の惑星にでも来たような不思議な錯覚を覚え感動です!
写真を撮り忘れるくらいでしたから)

重いザックを背負っての悪雪の滑り方は山足にしっかり体重を乗せて
想像以上にしゃがんで滑りますが。。。結構こけます!
ゲレンデで練習していた頃つかみかかけていたスタイルと感触とは別世界で
ビギナーにはむずかしすぎます。
そんな僕にいやな顔をひとつしないで一緒に滑ってくれる皆さんに感謝です。

あっという間に大斜面が終わり、沢伝いに下ってゆくと滑りやすい樹林帯に入り
そこからネイチャーセンターまでは、いかにもツアーという感じで楽しいものでした!

ポレポレファームに戻ってから美味しい夕食を食べて
デザートは、なんとS夫妻のご主人が僕らの滑りを連続写真で撮っていて下さいまして。。。

知らなかった。。。。

その画像を見ながら反省会と技術指導があり、
とても充実した一日でした!

PS・やはりスキーでの山行は徒歩よりも倍以上早いですね。

月山ポレポレファーム・テレマークスキー http://www.polepole.co.jp/tmrk_ski.htm
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箕輪(みのわ)スキー場 | トップ | 月山スキーツアー2日目 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事