確かなオンラインビジネス

在宅やオンラインビジネスについて解説します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログのアクセスアップ

2005-01-28 21:21:32 | Weblog
ブログを使って簡単にアクセスアップする方法について、現在研究中です。
オンラインビジネスにとって自分のサイトをいかに多くの人に見てもらえるか、そして資料請求をどれだけ多く取れるかがビジネス成功のキーポイントになります。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

未来型オンライン在宅ビジネス

2005-01-28 20:50:57 | Weblog
ライフスタイルを変えてみませんか!?


最近は複数の収入源を求めている人が

急増していますね。

贅沢がしたいから?豊かな生活がしたから?

本業収入だけでは、以前の生活レベルを

保てないのが現実であり、本音でしょう。

家計を預かる主婦の間では、

ご主人の給料だけでは満足な生活が出来ないとの理由で、

パート、アルバイトを探している人が急増!



では、【豊かな生活】って何でしょうか!?


お金や地位ではないと思います。

忙しさの中で、自分を見失うのではなく、

経済的にギリギリの生活に

疲れてしまうのでもなく、

時間と経済的ゆとりの中で自分の価値感に従って

自由に生きる事ではないでしょうか?




未来型在宅オンラインビジネス



特徴

●短期月収7桁可能●
●どなたにでも出来るやさしい仕事です●
●毎月のリピート、全く無し●
●在庫を抱える必要ありません●
●広告用HPの無償提供&定期更新
●パソコンを使ったお仕事です●
●今までにない未来型の在宅ワーク●
●女性の方が多いのビジネスです●

もっと詳しくは下記の入り口より。

入り口はこちら
コメント   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ(Blog)って何?

2005-01-28 11:49:02 | Weblog
いろいろ話題にもなっていますが
そもそもblog(ブログ)って何?と思われている方も
おられると思いますので私なりに説明させて頂きます。

blog(ブログ)とはこのサイトもそうですが
(当サイトはヤプログを使用しています。)
WEB+Log=Weblog(ウェブログ)から
Blog(ブログ)と呼ばれるようになったそうです。

ブログは通常のホームページ(WEBサイト)より
簡単にブラウザ上で書き込むことができて
楽に更新ができるようにつくられています。

ブログそのものが1つのサイトとして成り立つことができ
日付や時間、カテゴリーに記事が整理されます。

現在は無料のブログサービスを提供している所も多いので
自分の好みで選ばれると良いと思います。

人気Blogランキング・サイトはこちら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

専業主婦の就職状況も悪化???

2005-01-25 21:33:41 | Weblog
《日本の労働力人口はマイナス》

日本に目を転じると、労働力人口はまるで米国と違う。出生率は何と1 .38 と言う過去最低まで低下している。若年の「フリーター」が増え、一方で中高年の早期退職が推奨されている。専業主婦の就職状況も悪化する一方で、海外からの移民もまるで進んでいない。日本政府の2000 年度経済見通しでは労働力人口の伸びが▲0 .1 %となっているが、今のままでは長期的にさらにマイナス幅を拡大する事となろう。2000 年度の政府成長率見通しは+0 .8 %もあるが、これは公共投資と生産性への淡い期待で作られたもの。日本の潜在成長率について日本政府・経済戦略会議は「当分年2 %強(98 年末の報告)」と言い、宮沢蔵相は「ゼロ%台なんて情けない。かつてそうだった(3 %程度の)潜在力はある。」と言う。しかし検証も出来ない生産性に淡い期待を持つ事は政策担当者がする事ではない。日本の潜在成長率の期待値などゼロ%がいい所だろう。それに日本は米国などと違ってIT 革命には障害が多く、生産性を高くしにくい(※規制、税制、慣習等)。宮沢蔵相はサマーズ現・米財務長官から日本の潜在成長率は年3 %を上回ると言われてその様に言っているのかもしれないが、鵜呑みにしてはいけない。サマーズは「年1 %程度の実質成長率が潜在成長率3 %以上になるまでデフレ(物価下落)圧力があるので、日銀のゼロ金利解除は時機尚早。」と言ったのだが(1 月21日)、超一流の経済学者であるサマーズがこの様な事を真面目に思う訳が無い。サマーズは「もし日銀が夏から秋にかけゼロ金利解除をしたら、米国から日本へ資金還流(リパトリエーション)が起こり、米株急落の原因になる。そうなると11 月7 日の大統領選挙で与党が敗北、米財務長官も辞めざるをえなくなる。」と考えていたはずである。ニューエコノミーを高らかに宣言し、生産性においてグローバルで最も高いとされる米国さえも、リパトリエーションで米国経済が崩れる事を懸念している。本当に日本の官僚の淡い期待が空しく感じる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加